コスパの高いPCがほしい

PC選び

ベゼルとは?【PCモニターとともに意味をわかりやすく解説】

狭いベゼルと太いベゼルの比較

ベゼル(bezel)とはテレビやパソコンのディスプレイ(モニター)の枠のこと。

それは絵画でいうと額縁部分みたいなもので、スマホやタブレットでも意味は同じ。

丸い枠の腕時計でいうと、その丸い外枠部分がベゼルです。

ベゼルは液晶ガラスが割れたり外れたりしないように、そしてベゼル付近に埋め込まれている配線を保護するために存在します。

スマホやタブレットは液晶が薄くて小さいためベゼルは細いのが普通ですが、パソコンのベゼルには太いのも結構あります。

細いベゼルのモニターは俗に「フレームレス」「ベゼルレス」「狭ベゼル」「ナローベゼル」とも呼ばれます。

今回はこのベゼルについて注意点とともに解説します。

ノートパソコン派の人もデスクトップ派の人も必見ですよ。

ベゼルとは?【PCモニターとともに意味をわかりやすく解説】

一般にベゼルは細いほうが未来的でカッコイイですし、液晶サイズが同じであれば細いベゼルのほうが置くスペースは小さくて済みます。

あのMacBookのベゼルも次第に細くなりつつあります。

ベゼルの比較

たとえば上のAとBというノートパソコンは液晶サイズ(ガラス部分)はまったく同じ面積だとします。

しかし、液晶部分は同じ面積だとしてBのほうがベゼルは明らかに太いですから、Aのほうがノートパソコン全体のサイズは小さくなります。

狭ベゼルのノートパソコンは頻繁に持ち運ぶ人にとって小さくて持ち運びやすいなどプラスになるのです。

ベゼルの上下左右

上側のベゼル=普通、左右のベゼル=細い、下側のベゼル=太い

デュアルモニターなら狭ベゼルのほうがキレイ

狭ベゼルのデュアルモニター

また細いベゼルのデスクトップモニターを縦横に複数組み合わせると、映像や画像を大迫力の画面で見ることもできます。

ベゼルが狭いと臨場感が上がるから、映画鑑賞やゲームプレイの満足度も上がる。

そのためゲーマーや動画編集者が使うデスクトップモニターは細めに統一するのがおすすめ。

まあパソコンの映像を大迫力で見たいのならテレビに出力するという手もありますが。

太いベゼル同士、光沢処理と非光沢処理の違い

しかし、上の画像のように太いベゼルのデスクトップモニター同士(メーカーもサイズも違う)を組み合わせ、それをベゼルの境界付近で見ると変に分断された画像になってしまいます。

これを避けるには細いベゼルで同じメーカーの同じモニターを組み合わせるべきです。

ただし、それはモニターを複数つないで大画面として見たい人に向くのであって、左右別々に使うという人は気にする必要はありません。

ベゼルにも光沢と非光沢がある

太いベゼル同士、光沢処理と非光沢処理の違い

上の画像(どちらもデスクトップモニター)においてベゼルの色はどちらも黒いです。

しかし、よく見ると右側のほうは黒色に光沢があって、左側は黒色に光沢がないことがわかります。

つまり、ベゼルには光沢塗装と非光沢塗装があるのです。

見栄えは光沢のほうがいいですが、ベゼルの光沢部分に触ると指紋が残りますからご注意を。

手で開閉することが多いノートパソコンではベゼルの色は非光沢塗装が基本。

ちなみにノートパソコンのベゼルの角(隅っこ)が丸まっているか角ばっているかはデザインの差別化ポイントです。

ノートパソコンの場合は強度に注意

デスクトップはほとんど持ち歩きませんからベゼルが細くても問題ありませんが、ノートパソコンでベゼルが細すぎるのは強度の点で不安が残ります。

ノートパソコンのベゼル

ちなみに筆者はベゼルをつまむようにして持ち上げたら液晶が壊れてしまった経験があります。

ベゼルの内部には配線があり、そこを外側から強くつまむと断線してしまう場合があるからです。

とくにノートパソコンのモニター部分の厚さはデスクトップモニターよりもかなり薄いため強度が弱いのです。

そのためノートパソコンを持ち上げる際はベゼルはつままないようにすることを強くおすすめします。

これはメーカーも発表している公式見解です。

ベゼルは幅ばかり気になるけど、ノートパソコンの場合は厚さにも気をつけるべき。

手でもつ場合は操作性にも注意

また2in1パソコンやタブレットなど液晶に指で触れるタイプのパソコンはベゼル付近の操作性にも注意。

そういったパソコンのベゼルが細すぎると、親指の付け根が画面の端に触れるなどして誤操作になりやすいからです。

スマホでもベゼルレスはむしろ使いにくいという意見があるよな。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-, ,