コスパの高いPCがほしい

IT豆知識

GoogleとBingの違いをわかりやすく比較

このページでは検索エンジンとしてのGoogleとBingの違いについてわかりやすく解説します。まずはその前提知識を簡単に示します。

開発・運営企業名 検索エンジン名 ブラウザ名
Google
(親会社はAlphabet)
Google検索
(正式名称:Google Search)
(俗称:Google先生)
Google Chrome
(通称:Chrome、クローム)
Microsoft Microsoft Bing
(通称:Bing)
Microsoft Edge
(通称:Edge、エッジ)

検索エンジンとはインターネットの世界にあふれる膨大な数の情報についてページごとに検索順位をつけるプログラムのこと。

たとえば「ヤフー」と検索したときに「ヤフー」という言葉が入ったインターネット情報を探り、結果として「Yahoo!JAPAN」を1位に順位づける仕組みが検索エンジンです。

ヤフージャパントップ

ChromeとEdge

2大ブラウザ:ChromeとEdge

次に、ブラウザ(ウェブブラウザ)とはインターネット上のページを閲覧するためのソフトウェアのこと。

ブラウザはたとえば「Yahoo!JAPAN」「Amazon」のようなインターネットにおける各ページを表示します。

要するにインターネット情報を探して順位をつけるのが検索エンジン、インターネットの各ページを閲覧するソフトがブラウザです。

ChromeでBingを使うことや、EdgeでGoogle検索を使うことも普通にできます。

Googleはアメリカの大手インターネット企業、Microsoftはアメリカの大手ソフトウェア企業ですが、両者の事業分野は広い範囲に及んでいるため重複も結構あります。

日本における検索エンジンのシェアは、

  1. Google
  2. Yahoo!Japan
  3. Bing

となっています。1位と2位のシェアは約90%にも達します。

ただし、Yahoo!Japanの検索アルゴリズムはGoogleと同じモノを使っているため、2位のYahoo!Japanも実質的にはGoogleと同じ(アメリカのYahoo!はBingのアルゴリズム)。

アルゴリズムとは数的な手順のこと。そもそも検索結果の順位は、それまでの検索ユーザーが滞在した時間(長ければユーザーの満足度は高い)、記事の文字数、記事公開の年月日など実に多くの要素からできています。

そういった多くの要素をもとに検索エンジンが検索結果に順位をつけていることはアルゴリズムの一例です。

インターネットには膨大な量の情報があるため、基本的にはコンピューターが自動的に情報処理して順位をつけます。

検索エンジンのアルゴリズムについて人間に置き換えた例を挙げると、合コン中の人が異性を経済力、容姿、年齢、性格など多くの要素にもとづいて候補の異性に順位をつけることがあてはまります。

結婚とアルゴリズム

結婚を意識している女性だと経済力重視が多いでしょうが、容姿重視の女性もいるでしょう。異性の選び方のアルゴリズムは人によって違うのです。

GoogleとBingは運営元が違いますから検索結果を出す際のアルゴリズムもまた違い、それによって検索結果はズレているのです。

たまにBingでは検索1位の記事がGoogleでは検索圏外なんてこともありますが、総合的にはGoogleのほうが優れています。Googleのほうが適切な記事を選ぶ能力に長けているのです。

そこでこのページではGoogleとBingの違いをわかりやすく比較した分析結果を示します。

なお各検索エンジンのアルゴリズムは刻々と変わりますし、すべて公にされていませんから推測の面を含むこともご理解ください。

GoogleとBingの違いをわかりやすく比較

Googleの検索結果の大まかな特徴

  • YMYLが強く、その分野では法人を上位にしたがる
  • 被リンクの質と数を重視
  • 検索結果の該当個別ページだけでなくサイト全体の評価を重視

Bingの検索結果の大まかな特徴

  • 検索キーワードと記事タイトルの一致率を重視
  • ページ滞在時間の長さを重視
  • 個別ページの評価を重視
YMYLやキーワードといった専門用語はもう少しあとで解説します。

◎⇒○⇒△⇒×の四段階でGoogleとBingを評価:

Google Bing
相性のいいブラウザ Chrome Edge
検索範囲 すべて
ニュース
画像
動画
地図
ショッピング
書籍
フライト
ファイナンス
すべて
ニュース
画像
動画
地図
検索範囲の広さ
総合的な検索精度
画像検索の充実度
地図検索の充実度
動画検索の充実度
大人向け分野の検索充実度
個人サイトに対する姿勢 分野によっては厳しい それなりに寛容
検索結果ページにおける広告量 ○(やや少ない) △(やや多い)
キーワードへの抽象的な対応 強い やや弱い
欠点 YMYLが強すぎ 全体的にGoogleに負けている
Googleの検索画面

Googleでは書籍やフライトなども専門的に検索できる

たとえばGoogleで「プロ野球、順位」と検索すると個別ページをクリックしなくても検索結果の時点で順位表が出る。
いわゆるゼロクリック検索というやつだね。

ちなみにGoogle検索と相性がいい(機能を拡張しやすい)ブラウザはChrome、BingのそれはEdge。

両者のメモリ使用量は機能を何も拡張していない場合はほとんど同じくらいです。

Googleおよび検索エンジンのビジネスモデル

ここから先はGoogleとBingの検索結果の特徴と評価を以上の表にもとづきわかりやすく紐解いていきます。

なお基本的な方針としてGoogleもBingも検索ユーザーが満足することを目標としています。この方針が今後変わることは考えにくいです。

検索ユーザーが満足すれば、その検索エンジンを使い続けてくれますし、検索ユーザーが多いほどGoogleやMicrosoftに入ってくる広告収入は上がるからです。

GoogleはChromeというOSやブラウザを無料で提供し、さらにメーカー各社にChromeBookというパソコンをつくってもらうのも、それらはGoogle検索と相性がいいから。

つまり、Chromeブラウザ、Chrome OS、ChromeBook、各種オンラインサービスについてユーザーが増えるほどGoogle検索の利用者も増えますから、Googleは無料でサービスを提供するのです。

Googleのオンラインサービスとは、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Gmail、ドライブなどのこと。有料プランもあります。

それゆえサイトの運営者としても検索ユーザーが満足するようなコンテンツを充実させる必要があります。

検索エンジンの顧客満足重視は変わらんだろうけど、そのためのアルゴリズムは変わるんだよな。

キーワードとタイトルの一致率が違う

まずはGoogleとBingで「映画 感動」と検索してみます。このような検索語句をキーワードといいます。

Bingの検索結果

Bingの検索結果

そうするとGoogleでは以下の3記事が1~3位にヒットします(2021年3月時点)。

  1. 泣ける映画のおすすめ50選【感動の名作揃い!】
  2. 【2020年最新版】映画好きが「号泣した」と高評価!「絶対泣ける映画」おすすめ19本
  3. 一度は観ておきたい!絶対泣けるおすすめ映画30選【ジャンル別】

「映画 感動」と検索した際の引用

上の3つの箇条書きはそれぞれの記事のタイトルですが、「映画 感動」と検索したのにタイトルに「感動」が含まれているのは1位だけです。

しかし、2位や3位は「泣ける映画」の記事であり、それは実質的には「映画 感動」と意味が近いです。

そのためGoogleは「映画 感動」と「泣ける映画」を同視して上位に入れたのです。

「泣ける映画」の記事内には「感動」という文字も入っていますし。

このようにGoogleは日本語キーワードを抽象的に理解するアルゴリズムが優れていますが、抽象性の理解が失敗して的外れな記事が上位に来ている場合もあります。

ちなみに検索結果1位の上に表示されているのは広告ページであり、サイト運営者は検索エンジンに料金を払うと表示してもらえます。

一方、Bingで「映画 感動」と検索すると上位には記事のタイトルに「映画 感動」の2語を含む記事ばかりがヒットします。

つまり、Bingは記事タイトルと検索キーワードの一致率を重視しているのです。

Bingの検索で不満なのは、記事タイトルと検索キーワードの一致率が重視されていて抽象性の理解が弱いために的外れなページが表示される場合があることです。

Googleも日本語の抽象性を理解していない検索結果があるように、検索エンジンに日本語の抽象性を理解させて最適な結果を上位表示するのは難しいのです。

YMYLに対する姿勢の違い

「感動 映画」と検索したときにはもう一つ隠れた特徴があります。

それはGoogleは法人が運営するサイトを上位にしやすい一方で、BingはGoogleほどには法人サイトを上位にせず個人ブログも上位にしてくるということです。

Googleとて個人ブログを上位にする場合もありますが、大まかな傾向としてはGoogleは法人サイト(会社や公的機関による運営サイト)を重視するのです。

それはYMYLと呼ばれる分野ではもっと露骨になってきます。

YMYLとは「Your Money, Your Life」の略で人々のお金(金融)や健康に関する分野のこと。

たとえば、ある病気の治療法に関して個人ブログがデタラメな情報を記し、それをGoogleが検索1位にしてしまうと人々の健康を広く害してしまいます。

そのためGoogleはお金や健康に関する分野の検索では法人サイトを上位にもってくる傾向が強くあります。

GoogleによるYMYLは最近では不動産、政治・選挙などの分野にも及んでいます。

選挙でもデタラメ情報を流すサイトはありますし、選挙のデタラメ情報は社会全体の問題になってしまいますからね。

まあ法人サイトがデタラメ情報を流してしまう場合もありますが、個人ブログよりはまだ信頼できる確率が高いです。

そのため個人がYMYL分野のブログを運営しても検索上位にヒットする率は低いため、YMYL関連の個人ブログは少なくなっています。

IT、娯楽全般、旅行、勉強などは個人ブログでも法人サイトに対抗できます。

BingにもYMYLに似たところはありますが、Googleほど強くありません。

そのため法人サイトの堅苦しい記述よりも個人ブログのざっくばらんな感じが好きな人は、Bingで検索すると個人ブログが多めにヒットするのでおすすめ。

昨今の検索結果は法人サイトが強すぎてつまらんよな。文体も堅いし。

検索サジェストも違う

ちょっとした違いではありますが、GoogleとBingでは検索サジェストも違います。

GoogleとBingではサジェストも違う

これはGoogleのほうが使いやすいと思う人のほうが多いでしょう

被リンクの質と数

それからGoogleは被リンクの質と数も重視しています。

被リンクとは、外部サイトからリンクされること。

被リンク

たとえば、今回の私の記事である「GoogleとBingの違いをわかりやすく比較」を気に入った人は、他のサイトでも取り上げてリンクを貼るでしょう。これが私にとっての被リンクです。

つまり、他人から推薦される記事やサイトは良質の証明であるため、Googleは被リンクがたくさんついた記事を上位にもっていきやすいのです。

Googleが権威主義だと批判されやすいのは、YMYLの強さと被リンク重視に原因があります。

ただし、被リンクは自演で行うとか、質の低いサイトから低料金で貼ってもらう手段もあります。

そのためサイト運営者にとって被リンクは数だけでなく質も重要だといえます。具体的には公的機関や大企業、大学など権威ある組織からリンクされるとポイントは高いです。

法人は組織力が優れていますから運営サイトの自演リンクも巧妙にできています。

Bingも被リンクの質と数を見ていますが、Googleほどには重視していません。

Googleは全体を重視し、Bingは個別ページを重視する

次はサイト全体か、個別ページかという問題について。

  • AサイトはIT系が専門の権威ある法人サイト、記事数は計500
  • Bサイトは個人の雑記ブログ、記事数は計200で、そのうちIT系の記事数は40

たとえばAサイトにもBサイトにも「インターネットの意味」を解説する個別ページがあり、雑記にもかかわらず「インターネットの意味」の解説においてはBサイトのほうが記事の出来がよかったとします。

こういう場合、GoogleはAサイトを上位に、BingはBサイトを上位にもってくる傾向があります。

そもそもGoogleは検索ユーザーがもとめている個別記事だけでなく、そのサイト全体の専門性や記事数も重視しています。

検索ユーザーは「インターネットの意味」を解説している個別記事を読んだ後、そのサイトの他の記事も読むことがあるからです。

運営者にとっては同じジャンルにおいて数十記事以上は書けるだけの専門性がないとGoogleから評価されにくいともいえます。

検索ユーザーがGoogleに不満をもつとしたら「このサイトは権威ある法人が運営しているけど、検索で上位に表示された個別ページについては出来がよくない」というパターンです。

Googleはサイト全体の権威・専門性やページ数を評価しやすいため、個別ページに対する順位付けがおかしい場合があるのです。

低評価の記事削除で順位が上がる

たとえばサイト運営者が計200の記事をもっているとします。このときサイト運営者が質の低い記事・読まれない記事を削除するとGoogleは他の記事の順位を上げてくれる確率が高いです。

これもGoogleには全体評価を重視するアルゴリズムがあるから。あまりにも全体の記事数が少ない段階でこの手法を使っても意味はありませんから、記事数が増えたときに行うべき。

Googleに評価されるにはサイト全体の記事数と専門性と権威性、そして回遊性(内部リンクを使って複数の記事を見てくれる)が重要だと覚えておきましょう。

BingよりもGoogleから評価されるほうが難しいです。

一方、Bingはそういった全体的な評価よりも個別ページとして優れている方を上位にもってくる傾向があります。

全体的な記事数や専門性はAサイトのほうが優れているとしても、「インターネットの意味」を解説する個別ページはBサイトのほうが優れているのならBサイトを上にもってくるのです。

Bingにもサイト全体を考慮するところはありますが、それはGoogleよりも弱いとおぼえておきましょう。

そのため新しいサイトでまだ記事数が少ないとしても、個別記事の質がよければBingでは上位になる可能性があります。

Googleは画像検索でも優位に立っている

次は画像検索について。

Googleの画像検索は画像数、検索精度、新しい画像のインデックスの早さ、どれもかなり優れています。

インデックスとは、この場合、新しい画像が検索エンジンに登録されること。登録されることで検索エンジンの表示候補になります。

たとえばGoogleで「西田敦子」と検索すると西田敦子という名前の女性がヒットします。

しかし、Bingでは「西田敦子」と検索すると、名前がよく似ている有名人である前田敦子さんの画像ばかりがヒットします。

Bingの画像検索は正直言ってかなり頼りないです。

Bing検索はおかしい件

あるいはBingで「bing アラスカ クイズ」と検索すると、検索5~10位あたりに成人向けコンテンツが含まれていることがあります。

その検索ワードはいたって普通なのに成人向けコンテンツが含まれているのはいろいろまずいでしょう。

Bingは検索サジェスト(検索候補)にまでも成人向けコンテンツが入ったりするなど、成人向けコンテンツの区別が弱いのです。

地図検索でもGoogleの勝ち

Googleは地図の検索もかなり優れています。

Googleのストリートビューとアースという機能を使えば世界各地の住所を自在に探ることができるからです(一部にエリア外もあり)。

最近ではインドアビューといって施設の内部まで見えるところもあります。

こうなると、ストリートビュー内の人物にはモザイクがかかっているとはいえ、プライバシーが問題になるくらいよくできています。

Bingにもストリートビューはありますが、それはアメリカ合衆国の大部分や西欧の一部しか対応していません。

Googleストリートビューは日本の田舎までも詳細に対応しているというのに。

GoogleはYouTube内のセリフ検索や本の全文検索も一部でできるようにあらゆるモノを検索可能にしたがっている。

Googleのクチコミはひどい

グーグルの口コミ

ただし、Googleで会社や病院などを検索したときに上のようなクチコミが表示されますが、これはデタラメな場合が結構あります。

競合他社が営業妨害として悪いクチコミを書いたり、自社従業員が自作自演していることもあると聞きます。

これはGoogleのせいというよりデタラメな投稿をした一部のユーザーが悪いのですが、Googleも策を講じるべきでしょう。

Googleのそういったクチコミはあまり参考にすべきではありません。

まとめ:Bingも試してみよう

正直言って検索エンジンの総合力は現状ではGoogleのほうが上です。

しかし、分野によってはBingのほうがあなた好みの検索結果が上位に出ることも十分ありえます。

そのためGoogleでよい検索結果に巡り会えない場合、Bingも試してみるべき。

検索エンジンの利用は基本的に無料ですからどんどん試してみましょう。

アメリカではBingのシェアが上がっていますから、いずれ日本でもBingのシェアが上がるかも。

Googleは独占禁止法に反するとして各国政府から訴えられているからな。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-IT豆知識