PC選び

モニターの製造年月日や型番の調べ方

このページではパソコン用モニター(ディスプレイ)やパソコン本体の製造年月日、製造メーカー、機種名、型番の調べ方を解説します。

モニター背面に貼られているシールを見ればわかる場合が多いですが、英語の略字表記がわからない人や、シールがかすれたり剝がれている人への解決法も紹介します。

モニターの製造年月日の調べ方

モニター背面の製造年代

デスクトップモニターの製造メーカーや年式・型番は背面に貼ってあるシールによって確認できるパターンがとても多いです。

右上の文字や左下のシールを見ると製造メーカーはAcerだとわかる。

上の画像の場合「Mfg Date:September 2020」とありますから2020年9月の製造だとわかります。

Model No.は型番を、Versionはその型番シリーズのうちどんなタイプか、Serial Numberは製造番号(製品の背番号)を意味します。

MFD=manufactured date=製造日。

mfg=manufacturingの略。 manufacture=製造する。date=日付。

どれも英語です。

  • January矢印1月
  • February矢印2月
  • March矢印3月
  • April矢印4月
  • May矢印5月
  • June矢印6月
  • July矢印7月
  • August矢印8月
  • September矢印9月
  • October矢印10月
  • November矢印11月
  • December矢印12月
製造番号が知ることができても製造年月日がわからないという場合、その製造番号をメーカー公式サイトに入力すると製造年月日が出てくるメーカーもあります。

モニター背面にシールがなくてもおよその製造年代や型番はわかる

モニター背面のシールが読み取れない方は、パソコン画面左下の「ここに入力して検索」という場所に「ディスプレイ」と入力します。

そうすると「ディスプレイの詳細情報を表示します」という項目が選べるはずです。

あるいはまず「ディスプレイの設定」を選び、そこの下部にある「ディスプレイの詳細情報」をクリックしても大丈夫。

ディスプレイの詳細設定

そうすると上に「ディスプレイの選択」が出てきます。ディスプレイを複数台使っているのなら、その台数だけディスプレイの型番・製品名が表示されるはず。

この場合の「VL-20WB1G」とは使っているモニターの製品名(固有名詞)ですから、あとはそれをそのままGoogle検索すればメーカー公式サイトの表記からおよその製造年月日がわかります。

倒産したメーカーや中国の無名メーカー以外はこの方法でわかる確率が高いはずです。

パソコン本体の製造年や機種名の調べ方

次にWindows系パソコンの製造年をパソコン内部から探ります。システム情報の検索 画面下や左下の「ここに入力して検索」という場所に「システム」と入力します。

そうすると上に「システム情報」というのが現れますから、それをクリック。 あるいは「画面左下や中央下のWindowsマーク(□が4つ集まったロゴ)」 ⇒ W行の「Windows 管理ツール」⇒「システム情報」の順にクリックしても「システム情報」にたどりつけます。 「システム情報」をクリックすると出るのが上のような画面。OSならWindowsはHomeかProかまでわかります。

プロセッサはCPU、物理メモリ(RAM)はメモリを意味します。

CPUの世代やクロック数(単位はGhz)も確認することができます。

プロセッサのすぐ下にある「BIOSバージョン/日付」は、とくに更新していなければ製造日付近の日付を意味している可能性が高いです。

そこから察するにこの場合は2018年10月製造のパソコンだと考えられます。

パソコンメーカーはDELL、機種名はOptiPlex3060。Dell IncのIncとはIncorporatedの略で法人を意味します。

CPUの世代から製造年を推測する方法もある

BIOS日付は製造年月日を表している可能性が高いですが、更新されている場合もあります。

この場合、CPUの世代から製造年月日を推測することもできます。

CPUの世代の見方

たとえば半導体大手のインテル社のCPU(Coreシリーズ)は上記のように4桁数字なら先頭の数字が世代、5桁なら上2桁が世代を示しています。

世代が新しいほど最近に製造されたCPUです。

CPUの世代および性能はパソコンの性能を図る一大指標ですから、新品でも中古売買でも注目されるところ。

インテルCoreの世代 販売開始年月日 コードネーム
アーキテクチャ
第1世代 2008年~ Nehalem
第2世代 2011年1月9日 Sandy Bridge
第3世代 2012年4月29日 Ivy Bridge
第4世代 2013年6月2日 Haswell
新型第4世代 2014年5月11日 Haswell Refresh
第5世代 2015年6月18日 Broadwell
第6世代 2015年8月7日 Skylake
第7世代 2017年1月6日 Kaby Lake
第8世代 2017年11月2日 Coffee Lake
第9世代 2018年10月20日 Coffee Lake
第10世代 2020年4月30日 Comet Lake
第11世代 2021年3月30日 Rocket Lake
第12世代 2021年11月4日 Alder Lake

上の表を見るとわかるように、たとえばインテル第8世代CPUの発売日は2017年11月。

そして、ある特定世代のCPUが部品工場で生産されている期間、そのCPUがPC組立工場で新品パソコン内部の部品として組み込まれるのは、そのCPU発売日から2年半以内が目安になります(もっと長い場合あり)。

つまり、そのCPUが搭載されたパソコンが生産されたのは2017年11月から2020年5月までのどこかが目安というわけ。

インテルCPUのバッチナンバーとシリアルナンバー

ちなみにインテル製CPUにはバッチナンバー(ロット番号)とシリアルナンバー(製造番号)が小さく刻印されていて、それをインテル公式サイトで入力すると保証期限がわかります。

インテルCPUの保証期限

インテル製CPUの保証期限は通常では製造後3年以内ですから、たとえば保証期限が2021年11月であれば、2018年11月に生産されたCPUだと推察できます。

中古のパソコンだとCPUが交換されている場合があります。

新品だとしてもCPUの生産時期とそのCPUがパソコン工場でパソコン内に組み込まれる時期にはズレがありますが、CPUが交換されたパソコン(中古品)はそのズレがもっと大きい可能性があるのです。

PCの最新・期間限定セール

【標準スペック】Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶│レノボ14インチノートが約6.5万円

【標準より少し上】Core i5,メモリ32GB,SSD1TB,GeForce GTX1650│マウスコンピューター15.6インチノートが約14万円

【ゲーミングノート,ハイスペック】Ryzen5,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce RTX3050 Laptop,IPSパネル,リフレッシュレート165Hz│レノボ16インチノートが約12.7万円

コスパの高いPC【当サイト記事、最新事情反映】

PCスペックの選び方:総合編

失敗しないPC選び記事のすべて【トップページ】 PCを始めるのに最低限必要なモノ PCでできること PC購入チャート診断

各パソコンメーカーの特徴 Macの特徴 国産と海外産の違い(国産PCの中身は海外製) PCとスマホの違い(PCのメリットと必要性) 中古PCの注意点

動作速度や保存容量を左右する要素

CPU,メモリ,ストレージはセットでわかる(ユーザー別の目安) インテルとAMDの違い グラフィックス(グラボ)

デスクトップ本体

いろいろな形状や外観

デスクトップとノートはどっちがいい? 形状(種類)がわかる 2in1パソコン(タブレットにも変形) 色の奥深さ

ディスプレイ関連

画面サイズの見方とおすすめ モニターのパネルや諸機能 ベゼル グレアorノングレア リフレッシュレートとフレームレート

ベゼルとタッチパッド

入力や出力

端子・インターフェース 光学ドライブの有無 指紋認証や顔認証

ノートパソコン特有の意味を解説

タッチパッドとは 内蔵式バッテリーの交換費と着脱式 ノーパソキーボードの注意点 厚さ・薄いがゆえの欠点 材質の特徴 

ソフト類

OSの意味(Windows,mac,Chrome) Officeソフトはいらない? セキュリティソフトはいらない?

物理仕様の知識

耐久性の諸事情 重さの目安

PCの買い方

買うのに適した時期 納期の目安 PC価格の相場 家電量販店は高いんじゃ メーカー直販サイト

おすすめしないパソコン 購入時のオプション 保証の基本

人によって違うPCの選び方

-PC選び
-,