インターネット回線

光回線はいらない?【デメリットも知ってインターネット回線を判断】

インターネット回線(とくに光回線)はいらない」と考える人がいます。

この場合のインターネット回線の不要性は以下のようなパターンが考えられますが、それらは本当なのでしょうか。

  1. スマホは自宅でも出先でも使えるように万能だからスマホだけでいい?
  2. 5Gがあるから光回線は不要?
  3. テザリングができるから光回線(固定回線)はいらない?
  4. 一人暮らしだから光回線はやめたほうがいい?
  5. 自宅にいる時間が短いから自宅に光回線はいらない?
  6. オンラインゲームや動画編集をやらないなら光回線はいらない?
  7. 引っ越しが多いから自宅に開通工事が必要な光回線はやめたほうがいい?
  8. 新築住宅の壁に光回線の取付工事をするのは心理的に抵抗があるからいらない?
  9. 信念や慣習としてインターネットすべてがいらない?

※固定回線とは無線ではなく実際のケーブルを契約する建物まで引き込んできて利用する回線のこと。インターネット回線の世界で固定回線と言ったら光回線です。光回線は自宅外に持ち出せません。

※光回線を利用する際は光回線の提供エリア内であることが要件であって、電話回線は契約していなくても問題ありません。

上記のうち1~8の事情は複雑かつ密接に関している一方で、10だけは異質。

わかりやすく解説していきます。

結論:以下にあてはまる人ほど光回線が必要(そうではない人ほど光回線はいらない)

  • 自宅でインターネットに接続する端末の台数が多い(スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機、プリンター、光回線電話)
  • 自宅の大画面(パソコンやテレビ)でYouTubeやネットフリックスといったネット動画を数多く見たい
  • その世帯の人員が2人以上(光回線は自宅で使う人数が多いほどお得)
  • スマホの契約ギガを少なくして節約したい(とくに自宅でスマホをよく使う人)
  • 世帯内のだれかは自宅でのネット接続時間が長い
  • 一人暮らしだとしてもゲームや動画編集をやる
  • オンライン会議でネット接続の安定感を重視する
  • 引っ越しが少ない

光回線はいらない?【デメリットも知ってインターネット回線を判断】

まずは、みんなに共通した前提知識から。これを知っていないとインターネット回線の要不要を正しく判断できません。

そもそも論としてインターネットの接続方法は大別すると、モバイルデータ通信と、Wi-Fiがあります。

モバイルデータ通信とは携帯キャリアの基地局を経由した通信のこと。

携帯キャリアの基地局

携帯キャリアの基地局

基地局は街中にあり(屋外が多い)、これを利用することで屋外でもインターネットが使えます。

モバイルデータ通信を使うにはSIMカードが必要であり、モバイルデータ通信を使うほどギガ使用量(データ通信量)とスマホ料金は上がります。

  • スマホの3GBプランの月額料金矢印povoやLINEMOの月額料金は1か月あたり1000円くらい。ほかの格安スマホでも同じくらい。
  • スマホの20GBプランの月額料金矢印ahamoの月額料金は1か月あたり3000円くらい
  • スマホの無制限プランの月額料金矢印ドコモ「5Gギガホプレミア」は7300円くらい

スマホの通信量が1か月間のうちに契約しているギガを超えると、スマホの通信速度は著しく下がります。これがいわゆる「通信速度制限」という状態。

スマホで動画視聴

動画はデータ通信量が多いんだよな。
OSの更新時もデータ通信量が多い。

スマートフォンのインターネット接続

光回線はWi-Fiの代表格【メリットとデメリット】

一方、Wi-Fiとは携帯キャリアの基地局ではないインターネット回線とお考えください。

Wi-Fiは、自宅、オフィスビル、図書館、カフェなど特定の場所単位(基本的に屋内)で使うものです。

現在、自宅向けのWi-Fiとして主流は光回線。

光回線のメリット

  • データ通信量が大きくても速度が安定して速い(動画視聴やゲームがやりやすい)
  • ほとんどの光回線は定額制だからネットを多く使う世帯ほどお得(一部に段階料金制の事業者もある)
  • 世帯内の端末の最大接続台数は数十台(スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機、プリンター、光回線電話)
  • 一人暮らしでも10人家族でも月額料金は変わらない(1世帯ごとに支払うから、人数が多い世帯ほどお得)
  • 業者によってはスマホ料金や電気代とのセット割が適用される(スマホとのセット割がある場合、毎月100~1100円割引)
  • 下り(ダウンロード)はもちろん、上り(アップロード)も速い

モバイルルーターやホームルーターでも下りはそれなりの速度が出ますが、上りは基本的に遅いです。

従量制と定額制と段階料金制

通信料金のイメージ

光回線のデメリット

  • 月額3000~6500円くらいとちょっと高い
  • 新規契約や解約に手数料がかかる(3000~6500円くらい)
  • 一人暮らしでも10人家族でも月額料金は変わらない(1世帯ごとに支払うから一人暮らしのような使用量が少ない世帯は損になる場合がある)
  • 自宅に既存の設備がない場合、工事が必要であり開通に時間がかかる
  • 自宅外に持ち運べない(自宅外でインターネットをやるには、フリーWi-Fiやスマホなどを利用する必要がある)
  • 混雑時間帯では通信速度が少し下がる(一部のマンション以外では速度低下は大したことない)
  • 自宅外では有線だから地震や台風による断線リスクがある

光回線は提供エリアが限られることをデメリットに挙げる人もいますが、日本での人口カバー率は約95%と悪くありません。

※光回線の料金は一戸建てよりもマンションのほうが安いです。マンションの光回線料金は1か月あたり3000~5000円くらい。

※スマホはモバイルデータ通信とWi-Fiの両方に対応したインターネット接続ができます。

※ノートパソコンやデスクトップパソコンはモバイルデータ通信には対応しておらず、Wi-Fiにしか対応していないのが基本。

スマホやテザリングがあれば光回線はいらない?

スマホのモバイルデータ通信は屋内でも屋外でも使えます(一部に圏外あり)。

つまりスマホは個人ごとに持ち歩くモノで、光回線は自宅やお店という場所単位で設置するモノ。

光回線は外部へ持ち運べないのに、スマホは自宅はもちろん自宅外に持ち運んでモバイルデータ通信を使えるのは大きいです。

しかもスマホのモバイルデータ通信をノートパソコンにつなげれば、モバイルデータ通信ができないはずのパソコンであってもモバイルデータ通信ができます(=テザリング)。

以上が「スマホのモバイルデータ通信があれば自宅にWi-Fi(この場合は光回線)はいらない」と考える人の根拠。

確かにそれは半分くらい当たっています。

テザリングは、スマホのバッテリーの消耗が早い、通信制限あり、光回線よりも通信速度が遅いといったデメリットもありますが、自宅でパソコンをあまり使わない世帯にとっては使えます。

テザリングはあくまで補助的な接続法だよな。

自宅に光回線があればスマホ料金を節約できる

スマホはWi-Fi経由のインターネット接続だとデータ通信量(ギガ)を消費しません。通話料もWi-Fi経由で通話アプリを使うほうが安いです。

つまり、スマホユーザーは自宅に光回線があって自宅では光回線経由でネットを使えばスマホの契約ギガを小さくできるのです。

とくにOSの更新やゲームのダウンロードみたいなデータ通信量が多いことを自宅の光回線でやるのは効果的。

スマホの契約ギガが小さくなれば当然、スマホ料金も節約できます。

  • 光回線の月額料金矢印3500~6500円くらい
  • スマホの3GBプランの月額料金矢印povoやLINEMOは1000円くらい。ほかの格安スマホでも同じくらい。
  • スマホの20GBプランの月額料金矢印ahamoは3000円くらい
  • スマホの無制限プランの月額料金矢印ドコモ「5Gギガホプレミア」は7300円くらい

もし3人世帯で3人ともahamoの20GBプランの場合、約9000円かかります(ほかに通話料がかかりうる)。

しかし、この3人世帯が光回線を導入してスマホを3GBプランに移行すると以下のように安くなりうるのです。

  • スマホの3GBプラン1000×3人=3000円
  • 光回線⇒5000円
  • 3000円+5000円=8000円

スマホと光回線を同系統の業者で契約するとセット割が適用される場合があります。たとえばドコモのスマホとドコモ光(ドコモの光回線)という具合。

ただし、ドコモのahamoはドコモの料金プランの中では安いため例外的にドコモ光とのセット割が適用されません。povoやLINEMOも事情は同じ。

UQモバイルやワイモバイルはセット割が適用されますけどね。

ゲームや動画編集の事情:一人暮らし=光回線がいらないとは限らない

ここまで説明した光回線導入によるスマホ料金の節約効果が有効になるのは、自宅でもインターネットをよくやる世帯、世帯人数が2名以上とかです。

単身世帯でインターネットをやるとしたらスマホ経由で、自宅では寝るばかりで、あとはほとんど自宅外にいるという人は自宅に光回線があっても持て余してしまいます。

DELLのXPS

DELLのXPS13ノートパソコン

ただし、一人暮らしだとしても自宅でオンラインゲームや動画編集、オンライン会議をよくやる人は光回線の導入を積極的に検討すべき。

オンラインゲームや動画のダウンロード・アップロードは通信量が多いため、高速・大容量通信に適した光回線でないと遅延するからです。

上の画像で赤く囲ったところに注目してください。インターネットの項目は「ブロードバンド接続」と書いてありますよね。

ブロードバンドとは100Mbps以上という通信速度を出せるインターネット回線を意味します。

100Ⅿbpsを安定的に出せるインターネット回線は光回線しかありません。

ほかの回線でも地域や時間帯によっては100Mbpsは出せますが、最も速度が安定的なのは光回線。

ブロードバンドを推奨するゲームはファイナルファンタジー14だけじゃないよ。
オンラインゲームのほとんどはブロードバンドが望ましいよね。

オンライン会議は光回線でなくても一応できますが、それだと遅延してオンライン会議の流れに乗り遅れる場合があります。

光回線のほどんどは定額制ですが(3000~6000円くらいで使い放題)まれに段階料金制をとっている事業者もあります。段階料金制の事業者は光回線の使用量が少ない世帯にとっては安いです。

5Gがあるから光回線はいらない?

5G第5世代移動通信システム

5Gとは「第5世代移動通信システム」という意味。5Gは4Gよりも優れた高速大容量通信と多数の端末による同時接続を特徴としています。

現在、スマホの基地局・モバイルデータ通信は4Gが一般的ですが、一部では5Gが普及しつつあるため「いずれ光回線は不要になる」と考える人がいるのです。

しかし、5Gには以下のような欠点もあります。

  • 5Gはデータ通信量が大きいし通信制限がある(5Gは光回線のように無制限ではない)
  • 5Gは無線だから有線の光回線ほどの安定感がない
  • 提供エリアは光回線よりも限定的

スマホを使っていて、もし月々のデータ通信量が契約していたギガを超えると通信制限がかかります。

この通信制限は5Gでもありますが、光回線は基本的に無制限です。

近年では動画やゲームのような大容量通信が多い。
大容量通信はスマホのバッテリー消費も大きいんだよな。
スマホの契約プランには無制限もあるが料金は高い。一時的に安い業者はあるけど。

しかも5Gは無線だけに高層ビルや地下空間、遮蔽物の多い空間では電波状態が悪い場合があります。

この点、光回線は契約世帯までは有線でつながっていますから安定感が強いです。

とくに5Gは提供エリアが光回線よりも狭いですから、5Gの恩恵にあずかれない人はたくさんいます。

自宅ではパソコンやスマートテレビを使うのもいいよ

スマートテレビのリモコン

スマートテレビのリモコン

光回線はWi-Fiとして単に速くて安定しているというだけではありません。

光回線は端末(パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機)の同時接続が20台くらいまで可能であり、限界までなら何台接続してもネットの通信速度や月額料金は変わりません。

スマートテレビとはインターネット接続対応のテレビのこと。ネットフリックスやYouTubeをテレビの大画面で見るのに適しています。

つまり、光回線はその世帯内でインターネットをやる人・台数が多いほどお得感が増すというわけ。

スマホユーザーとしても光回線を契約して自宅では大きな画面のパソコンやスマートテレビを使うというのもあり。

いまやゲーム機のネット接続もある時代だからなぁ
スマホとタブレットとパソコンのサイズ比較

スマホとタブレットとパソコンのサイズ比較

あなたが好きなYouTube動画は、小さなスマホでばかり見るよりもパソコンやテレビの大画面から見るほうが迫力があって満足感が高まりますよ。

パソコンやテレビは基本的にモバイルデータ通信には対応していませんから、自宅でインターネットに接続するには何らかの光回線やホームルーターが必要です。

引っ越しが多い人に光回線はいらない?

電信柱

光回線の開通には工事が必要であり、契約から短期(2年未満あるいは3年未満)のうちに解約すると解除料(違約金)をとられます。

解除料がかからないタイミングは、2年契約なら契約24~26か月目、3年契約なら契約36~38か月目です(業者によって多少の違いあり)。

光回線の解除料と更新タイミング

そのため引っ越しが多い世帯は光回線の導入をためらうでしょう。

しかし、中古住宅で前の住人が光回線を使っていて設備がまだ残っているのなら簡単に開通できる場合があります。

とくに最近のマンションやアパートでは新築だとしても開通が簡単な場合が多いです。

もし光回線の解除料や工事残債が高くないと判断するなら、引っ越しが多いとしても光回線を導入するのもあり。

※解除料の目安は1か月の月額料金と同じくらいですから、3500~6500円くらい。解除料は昔より安くなりました。

※光回線の新規契約時は3000円くらいの事務手数料がかかる場合があります。

※光回線の中でもフレッツ光から光コラボに変える際は工事費や解約金はかかりません(新たな契約先で事務手数料が3000円くらいかかるだけ)。

※光回線の工事費(1.5~4万円)はキャンペーン割引や無料化が適用される場合もありますが、短期で契約解除するとそれが適用されなくなる場合があります。

※光回線の設備撤去のための工事費は1~3万円くらいかかります。撤去工事は建物のオーナーから原状回復をもとめられた場合、あるいは撤去工事を行うと最初に契約したときに書面で定められている場合に行います。

光回線の設備を残しておけば、物件のオーナーとしては「光回線工事不要」と宣伝できますから原状回復をもとめられるとは限らないのです。

一戸建てで現状では何もネット設備がない場合、光回線が開通するまでに1~2か月くらいかかります。

光回線業者からは光回線開通までにモバイルルーターを無料~低料金で貸し出されますが、それでも引っ越しが多い世帯にとって1~2か月のロスは大きいです。

新築だから光回線の開通工事はしたくない?

光回線を新たに導入する際は、自宅近くの電信柱にあるファイバーケーブルを自宅内部に引き込むという工事が必要。

そのあと、さらに家屋内に光コンセントとルーター(中継器)を設置します。

光回線の外壁の穴

この開通工事の際は外壁に小さな穴をあけますし、宅内工事の際はその家の住人が立ち会う必要もあります。

そのため、とくに新築一戸建て住宅の住人は「新築の壁に穴をあけるのか…」「立ち会う必要があるのか…」と工事をためらう場合があるでしょう。

しかし住宅の場合、土地の価値は長持ちするとしても建物の価値は割と早いうちになくなっていきます。

また住宅構造によっては光回線単独の穴をあけず、エアコンや電話線の配管とともに光回線の配線を埋め込むことも可能です。

そのため新築住宅に光回線を導入するのをためらう方は、工事業者に壁に穴をあける度合いをたずねてみるといいでしょう。

光コンセント

光コンセントの例

※宅内工事は宅内に光コンセントという設備がない場合に行われるのが基本。すでに光コンセントがあるのなら宅内工事は行われず、屋外工事だけで済みます。

※マンションの光回線の場合、まずファイバーケーブルは共用設備部に集約され、そこから各世帯に供給されます。

※一部の賃貸住宅では壁に一切の穴をあけてはいけないという規約があります。

ここまでのまとめ:以下の条件にあてはまる人ほど自宅に光回線を導入すべき

  • 自宅でインターネットに接続する端末の台数が多い(スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機、プリンター、光回線電話)
  • 自宅の大画面(パソコンやテレビ)でYouTubeやネットフリックスといったネット動画を数多く見たい
  • その世帯の人員が2人以上(光回線は自宅で使う人数が多いほどお得)
  • スマホの契約ギガを少なくして節約したい(とくに自宅でスマホをよく使う人)
  • 世帯内のだれかは自宅でのネット接続時間が長い
  • 一人暮らしだとしてもゲームや動画編集をやる
  • オンライン会議でネット接続の安定感を重視する
  • 引っ越しが少ない

光回線を導入しない人物像としては、自宅ではスマホだけで間に合う一人暮らしの世帯が典型的です。

こういう世帯の人でもノートパソコンをもっていれば、大学、図書館、カフェなどではノートパソコンでのインターネットが楽しめますよ。

光回線がイヤならドコモhome5Gホームルーター

なお光回線のような開通工事がイヤで、自宅では工事不要のインターネット回線を設置したいというのであればドコモhome5Gホームルーターがおすすめ。

ホームルーターを建物内に置いて、あとはケーブルをコンセントに挿せばインターネットができるようになります(工事不要)。

自宅が光回線の提供エリア外だという世帯にもいいですよ。

ホームルーターの登録住所を変更すれば引っ越し先でも使い続けられるよ。

お手軽なだけに回線の通信速度や安定感は光回線よりも劣りますが、ドコモhome5Gはホームルーターの中では速いほうですよ。

5Gエリア内なら5Gの高速通信も利用できますしデータ通信量も無制限(どれだけ使っても料金は一定)。

月額料金は税込み4950円ですが、ドコモのスマホユーザーはスマホ料金が毎月最大1100円割引されます(ahamoは適用対象外)。

例外?信念や慣習としてインターネットのすべてがいらない人

高齢者の中には今までインターネットの類にほとんど触れてこなかったために「これからも一切インターネットをやりたくない」という人がいます。

確かにいつの時代でもインターネットをやる・やらないは個人の自由です。

しかし、昨今のワクチン予約では音声通話よりもインターネット経由で予約したほうが間違えにくいうえにメールで予約日の記録が残ります。接種当日の少し前にはそれを知らせるメールも届きます。

対応する職員としてもインターネット経由のほうが楽であり人件費も少なくて済みます。

つまり、個人の思想としてインターネットをやらないのは自由でも社会的にはインターネットを利用してもらうほうが望ましいのです。

PCの最新・期間限定セール

【標準スペック】Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶│レノボ14インチノートが約6.5万円

【標準より少し上】Core i5,メモリ32GB,SSD1TB,GeForce GTX1650│マウスコンピューター15.6インチノートが約14万円

【ゲーミングノート,ハイスペック】Ryzen5,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce RTX3050 Laptop,IPSパネル,リフレッシュレート165Hz│レノボ16インチノートが約12.7万円

コスパの高いPC【当サイト記事、最新事情反映】

PCスペックの選び方:総合編

失敗しないPC選び記事のすべて【トップページ】 PCを始めるのに最低限必要なモノ PCでできること PC購入チャート診断

各パソコンメーカーの特徴 Macの特徴 国産と海外産の違い(国産PCの中身は海外製) PCとスマホの違い(PCのメリットと必要性) 中古PCの注意点

動作速度や保存容量を左右する要素

CPU,メモリ,ストレージはセットでわかる(ユーザー別の目安) インテルとAMDの違い グラフィックス(グラボ)

デスクトップ本体

いろいろな形状や外観

デスクトップとノートはどっちがいい? 形状(種類)がわかる 2in1パソコン(タブレットにも変形) 色の奥深さ

ディスプレイ関連

画面サイズの見方とおすすめ モニターのパネルや諸機能 ベゼル グレアorノングレア リフレッシュレートとフレームレート

ベゼルとタッチパッド

入力や出力

端子・インターフェース 光学ドライブの有無 指紋認証や顔認証

ノートパソコン特有の意味を解説

タッチパッドとは 内蔵式バッテリーの交換費と着脱式 ノーパソキーボードの注意点 厚さ・薄いがゆえの欠点 材質の特徴 

ソフト類

OSの意味(Windows,mac,Chrome) Officeソフトはいらない? セキュリティソフトはいらない?

物理仕様の知識

耐久性の諸事情 重さの目安

PCの買い方

買うのに適した時期 納期の目安 PC価格の相場 家電量販店は高いんじゃ メーカー直販サイト

おすすめしないパソコン 購入時のオプション 保証の基本

人によって違うPCの選び方

-インターネット回線