自宅におすすめのネット回線【PC,テレビ,タブレットでネットを始めるには】

携帯キャリアの選び方【わかりやすいスマホ料金】

スマホ機種の選び方【安く買う方法】


※当サイト記事は一部にPRを含んでいます。サイトの維持運営に役立てます。
※PC選びん運営者は政経法律本の著者であり最新の政経法律に配慮しています。

スマホ

スマホの形状【厚さや形に注目した分類】

スマホのサイズ比較

クオカード⇒5.4インチ⇒5.8インチ⇒6.7インチ

「スマホってどれも似たような平たい板じゃない?」と思っている人は結構いるでしょう。

でも、よく観察すると形(形状、型)にも意外と細かい差別化ポイントがあるんですよ。

形の違いは「そんなの自分の好みで選べばいいやん」という場合もあれば、「原理的にこっちの形のほうが優れている」という場合もあります。

なお前提知識として歴代iPhoneの形は基本的にどれも無難な一方で、Androidの中には前衛的な形をした機種が一部にあります。

革新的なAndroidスマホとしてはたとえば、卵型スマホ、折りたたみスマホ、2画面スマホ、フリップカメラ、ベゼルレスなど。

この記事ではスマホの端や隅の形も紹介します。

変わった形のスマホのメリット

  • 初対面の人とでもスマホの形を話題にできる
  • よくも悪くも目立てる
  • ブログやYouTubeをやれば、その変わった形をネタにできる(収益に変換できる)

変わった形のスマホの買取価格は安いのもあれば高いのもあります。

変わった形のスマホのデメリット

  • 合うスマホケースがあまりない
  • 置き場所次第では不安定だったり使いにくい形もある

スマホの形状【厚さや表示領域とも関係あるよ】

ファーウェイのスマホ

形状的にはいたって普通のスマホ(SIMなしで使用中)

折りたたみスマホ

まずはスマホ全体の形について。

2画面スマホ

こちらの折りたたみスマホは2画面で構成されているため、真ん中に折り目はつきません。

思えばニンテンドーDSという携帯ゲーム機も似たような形でした。

2画面分スマホは300〜350gあるように重いです(普通は180gくらい)。

折りたたみスマホ

真ん中で横に折りたためるスマホもあります。

この形はいわゆる「ガラケー」と似ていますね。

ガラケー

折りたたみ式ガラケー

カメラが飛び出るスマホ

ZenFone6のカメラ

ASUSのZenFone6の中にはカメラが飛び出る機種もあります(普段は引っ込んでいる)。

これをフリップカメラといいます。

カメラが飛び出るのは面白いのですが、無駄に可動部が多いと故障の原因にもなってしまうためか大して普及していないですね。

スマホの厚さ:丸みか、平型が無難か

次はスマホの厚さに関する形を見ていきましょう。

スマホの丸み

一般に右側のような平たい形状のスマホの厚さは7.5mmくらい。

一方、左側のようにかなり丸みを帯びたスマホの厚さは、たとえばバルミューダフォンの場合13.7mmあります。

バルミューダフォンを机の上に置くと、コマのように回すことできます…。これは底面に丸みがあるからこそ可能な芸当。

バルミューダフォンはYouTuberの吉田製作所さんが面白くレビューしていたなぁ。

丸みを帯びたスマホを電卓のように机に平置きして使う際はグラグラして不安定で大変に使いにくいです。

つまり、丸みを帯びたスマホはオシャレに見えて意外と実用的ではありません。

丸みを帯びているということは、それだけ体積が多いことを意味しますから手の小さい人は片手で操作しにくくなります(指が端まで届きにくい)。

したがって、スマホの厚さは基本的には平たい形状のほうが無難だといえます。

というか上記くらいに明らかな丸みを帯びたスマホは世界的に珍しいです。

友人との話のネタには使えるかも…。

スマホケースとの相性

市販のスマホケースは基本的に平たい形状に対応したものばかり。

折りたたみスマホ、カメラが飛び出る機種、丸みを帯びたスマホに対応しているケースはかなり少ないです。

やはり、それらは人気が低い機種ですから、スマホケースの製造者としてはケースを生産しないのでしょう。

いろいろなカメラの形:高性能だと厚さも膨らみがち

スマホのカメラ

最近のスマホはカメラが高性能化しています。いや、もうカメラくらいしか進化する余地がないのかもしれません。

とくにAppleは最新のiPhoneについて”映画のような動画が撮れる”と宣伝しているくらい。これをシネマティックモードといいます。

しかし、カメラが高性能で本体は薄型を保つと、どうしてもカメラ部分が出っ張ります。

この出っ張りはスマホケースをつけるとさらに大きくなりますから、まあ気になる人も多いです。

スマホのカメラレンズは単眼〜6眼の機種まで発売されています。4〜6眼とかのスマホカメラにこだわるなら、スマホではなく一眼カメラと交換レンズを買うほうがいいと思いますが…。

カメラ突起のないスマホ

カメラ突起のないスマホ

REDMAGIC 9 Pro

昨今のスマホはカメラのレンズ部分が出っ張っていますが、上記は例外的にレンズ部分の出っ張りがない機種です。

レンズの出っ張りがないとスマホケースは自作しやすくなります。

スマホの四隅の形

スマホのすみの形

スマホのすみの丸みについては好みで選ぶべきところ。

歴代のiPhoneは、すみの丸みは強いものばかりです。

個人的には角ばっているタイプは嫌いではありません。

ソニーのXperiaシリーズは基本的に角ばっているものばかり。

エッジの形

スマホのエッジの形

近年のiPhoneは側面のふち(エッジ)が直角的でしたが、最新機種は少しの丸みを帯びています。この部分が金属製になっているモデルもあります。

スマホケースなしでスマホをもったときは、側面に少し丸みがあるほうが手に優しいという声は多いです。

しかし、スマホケースをつけるとエッジの形を無効化できますけどね。

ベゼルは必要?画面の表示領域との関係

スマホの形やサイズは画面の表示領域(ガラス部分)とともに考えるべきものでもあります。

スマホのベゼルと対角線

そもそもベゼルとは額縁部分のこと。スマホでいうと画面の周りの額縁部分があてはまります。

当たり前ですが、ベゼル部分に指が触れても液晶は反応しません。

ベゼルは上下左右すべてがかなり狭いタイプが流行っています。これを「フルディスプレイ」といいます。

ベゼルレススマホ

ベゼルレススマホ

さらにベゼルがない場合「ベゼルレス」とも呼ばれます。

上記機種は左右のベゼルがまったくないうえに、側面部からもディスプレイが見える形になっています。

4辺すべてのベゼルが狭いと誤動作しやすい

ベゼルは基本的には細いほうがカッコイイです。

しかし、上下の2辺だけは太いほうが操作はしやすいという声もあります。

もし上下左右すべてのベゼルが狭いと、たとえばゲーム中に指が不意に液晶に触れてしまって誤動作するなど使い勝手が悪い場合があるからです。

しかし、上下2辺だけベゼルが太いスマホなら、その太い部分に触れながらゲームができます。

ベゼルと液晶の段差

スマホベゼルの段差

最近の人気機種はベゼルと液晶の間に段差がないタイプが多いです。

見た目も、手にもったときの心地よさにしても段差がないほうが好まれるということでしょう。

ちなみに、一時期話題になったバルミューダフォンはベゼルと液晶の間に段差があることも批判されていました。

ノッチは邪魔でカッコ悪い?

iPhoneのノッチ

ノッチ(notch)とは、くぼみのこと。上記画像でいうと「19:03」の右側がノッチです。

ノッチ部分にはカメラ、スピーカー、センサーがついている場合も多いです。

画面をさえぎるような形でついているノッチは「邪魔」「カッコ悪い」と見なす人もいます。

スマホスピーカーの位置

Androidスマホの端子

スマホの背面側を下にして平置き

スマホスピーカーの位置は画面上部のノッチ付近か画面下部、あるいは側面下部にあります。

ゲーミングスマホのような高性能スマホの場合、スピーカーは上部と下部の両方についています(横長時は左右から音声出力)。

ちなみにバルミューダフォンは珍しく背面にスピーカーがありました。

背面にスピーカーがあると、スマホの背面側を下に平置きしたときに音がつぶれてしまいます(バルミューダフォンの場合、丸みがあるから完全につぶれるわけではない)。

バルミューダフォンの背面

バルミューダフォンの背面

全体の縦横比率

スマホのサイズ縦横比率

スマホサイズの縦横比率は16:9の機種が多いです。

しかし、SONYのXperiaは18:9〜21:9と縦長で有名。

ホームボタンは液晶ばかり:物理ボタンは少ない

スマホの物理ボタン

ホームボタンとはスマホの標準的な画面(ホーム画面)にワンプッシュで戻れるボタンのこと。

一般にホームボタンはスマホを縦向きにした場合の中央下部についています。

初期のiPhoneは実際のホームボタン(物理ボタン)がありましたが、最近の人気機種はiPhoneに限らずホームボタンが画面に表示されるだけになっています。

物理ボタンだとベゼルを太くする必要がありますが、画面内に表示すればベゼルは細くできるからです。

iPhone SE3は物理ボタンだよ。
物理ボタンは少し押す必要があるけど、画面内ボタンは触れるだけで押したことになる。

スマホやネット回線のお得情報

【Amazonランキングで最上位付近のおすすめスマホ】

Apple iPhone SE2なら2025年頃まで使える矢印iPhone SE2の整備済み品が約2.6万円

【月額3278円で無制限のスマホ回線】楽天モバイル

【おすすめ光回線】シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!月額3,430円(税込3,773円)〜!

インターネットを引くには

コスパの高いPC【当サイト記事、最新情報反映】

スポンサーリンク

PCの選び方一覧

失敗しないPC類の選び方記事一覧【トップページ】 PC選びの購入診断チャート PCを始めるのに最低限必要なモノ

各PCメーカーの特徴 Macの特徴 国産PCやスマホの中身は海外製!? 自作PCレベルのパーツ選び 中古PCの注意点

動作速度や保存容量を左右する部品

CPU,メモリ,ストレージはセットでわかる(ユーザー別の目安) インテルCPUとAMDの違い CeleronのPCは遅い? グラフィックス(グラボ)の意味と選び方

デスクトップ本体

いろいろな形状や外観

デスクトップとノートはどっちがいい? 形状(種類)がわかる ミニPCのデメリット・注意点 2in1パソコン(タブレットにも変形) かっこいいPCの傾向 色の奥深さ

パソコンとタブレットとスマホ

ディスプレイ関連

画面サイズの見方とおすすめ モニターのパネルや諸機能 ピボット(縦横回転)のデメリット ベゼルは細いほうがいい? グレアorノングレア リフレッシュレートとフレームレート

ベゼルとタッチパッド

入力や出力の知識

端子・インターフェース 光学ドライブはいらない? 指紋認証や顔認証は必要?

ノートパソコン特有の意味を解説

タッチパッドとは 内蔵式バッテリーの交換費と着脱式 ノーパソキーボードの注意点 厚さ・薄いがゆえの欠点 材質の特徴 

ソフト類の要不要

OSの意味(Windows,mac,Chrome) Officeソフトはいらない? セキュリティソフトはいらない?

物理仕様の知識

PC耐久性の諸事情 PC重さの目安 PCの底面【吸気と排気、電源の位置と向き】 PCが光る理由と調整方法

PCの買い方

買うのに適した時期 納期の目安 PC価格の相場 家電量販店は高いんじゃ メーカー直販サイト

おすすめしないパソコン 購入時のオプション 保証の基本 支払い方法

インターネット回線:端末との関係

人によって違うPCの選び方

おもにスマホ

カテゴリー

-スマホ