コスパの高いPCがほしい

PC選び

ノートパソコンのタッチパッドとは?【種類を丁寧に解説】

パソコンメーカー各社のタッチパッド

タッチパッドとは、ノートパソコンのキーボードの手前側にあるマウスポインターを指で操作する四角い平面状のセンサーのこと(例外的にPanasonicは円形)。

ここに指を1本置いて、その指をたとえば右に動かすと画面内のマウスポインター(カーソル)もまた右に動くのです。

今回はこのタッチパッドの意味と種類、そしてパソコンメーカーごとの傾向についてわかりやすく解説します。

タッチパッドはスマートフォンやマウスも参考にすると理解しやすいんですよ。

タッチパッドの欠点はタイピングしている最中に親指の付け根がタッチパッドに触れてしまうこと。
タイピングの最中に不意にタッチパッドに触れるとポインターが動くから作業しにくいんだよな。
タッチパッドを停止してマウスで操作すれば解決できるけどね。

ノートパソコンのタッチパッドとは?【種類を丁寧に解説】

さて、スマートフォンは液晶画面に直接指をあてて操作するのが基本です。これをタッチパネルといいます。

タッチパネルにおいて通話したい場合、電話の形をしたアイコンを指で触れれば(タップすれば)電話できます。

しかし、デスクトップパソコンとノートパソコンは液晶画面に指をあてて操作するようにはできていません(一部のパソコンはタッチパネルになっています)。

マウスポインターに注目しよう

マウスポインター

そもそもパソコンのユーザーは今、画面のどこを選択しているかは上の画像のような小さな絵柄でもって視認します。

これをマウスポインター(カーソル)といいます。

ゲーミングマウス

ユーザーがマウスを奥・手前や左右に動かすことで画面のマウスポインターも動きます。

リンクとポインター解説

たとえば、上のような画面において「富士通」というリンクのところにマウスポインターをもってくると手の形に変化します。

マウスはマウスポインターを自在に動かせるため便利なのですが、初期の状態としてはノートパソコンにマウスはついていません。

利点メリット:マウスがいらなくなる

そこでノートパソコンのユーザーはタッチパッドに指を置いて操作します。

たとえば、タッチパッドに触れている指を右に動かすと画面のマウスポインターもまた同じように右に動くのです。

スマホでいうピンチアウトやピンチインなんかも簡単にできます。

ノートパソコンのピンチアウトとピンチイン

つまり、タッチパッドがあればマウスはいらなくなるというわけ。

マウスは寝っ転がって操作するのに向いていませんが、タッチパッドは寝っ転がったままでも操作することができます。

電車の中でもわざわざマウスを使わずにノートパソコンを操作できるのは便利です。

マウスを接続しなければ、その分だけUSBポートが空くことになる。
タッチパッドに触れている指を1cm右に動かしたとき、画面のマウスポインターがどれだけ動くかはユーザーが自由に設定できます。

タッチパッドの名前は会社によって違う

タッチパッドというのは各社共通の一般的な名称です。

会社によってはスライドパッドやトラックパッドなどと呼びます。

  • タッチパッドHP、DELL、Microsoft、Lenovo、ASUS、DynaBook、マウスコンピューター、富士通、VAIO
  • スライドパッド、NXパッドNEC
  • トラックパッドApple
  • ホイールパッドPanasonic

基本的にタッチパッドは面積がある程度広いほうが使いやすいです。

タッチパッドはユーザーの手が汗などで湿っていると感度が少し悪くなるとともに、タッチパッド上での指の滑りが悪くなります。

この場合、ノートパソコンにマウスをつないで使うことも考えましょう。まあ大した問題ではありません。

タッチパッド付近にクリックボタンがあるかないか

マウスの左クリックと右クリックとホイール

ここで重要なのは普通のマウスには左クリックと右クリックがあるということ。

左クリックは選択している箇所の決定、右クリックはその他のさまざまな機能の表示を担っています。

マウスホイールはくるくる回すことで画面を上下にスクロールできるスグレモノ。

富士通のノートパソコンのタッチパッドしかし、上側の画像のタッチパッド手前には左クリックボタンと右クリックボタンがあるもののの、クリックボタンがない機種もあります。

左クリックボタンと右クリックボタンがないタッチパッドでは「左側付近を押すこと=左クリック」「右側付近を押すこと=右クリック」となるのが普通。

ただし、一部の機種では指を1本単位で使うと左クリック、2本・3本単位として使うことで右クリック、という設定にもできます。

他にも機種や設定によっては3本指や4本指で使うこともできます。

タッチパッドに対するパソコンメーカー各社の姿勢

パソコンメーカー各社のタッチパッド

上の画像はタッチパッドの例ですが、同じメーカーであっても機種によってタッチパッドの形や面積、クリックボタンの有無は違ったりします。

それでも最近の傾向を述べると、富士通とPanasonicはタッチパッドにクリックボタンを設けていて、その他のメーカーはクリックボタンを設けない傾向があります。

左クリックボタンと右クリックボタンがあるタイプとないタイプ、どちらのタイプがいいかは個人の好みが左右するのであってとくに原理的な優劣はありません。

※AppleのMacBookシリーズは伝統的にタッチパッドの面積が広い傾向にあります。

※タッチパッドの形は長方形が基本ですが、Panasonicのは珍しく円形であり面積が小さい傾向にあります。

クリックボタンが地味な機種もある

ノートパソコンのベゼル

上のノートパソコンの場合、タッチパッドの下部の真ん中には白色で薄く「┃」があるように左クリックボタンと右クリックボタンは地味な形でついています。

このようにメーカーや機種によってはタッチパッドのクリックボタンが見えにくいのでご注意ください。

クリックボタンの位置はタッチパッドの上についているタイプと下についているタイプとがあります。上についているタイプはかなり少ないです。

マウスとタッチパッド、どちらが速いか

さて、職場でパソコンを扱うとき、人は基本的にはマウスを使うはずです。

またパソコンの操作に関して人一倍繊細なプロゲーマーの手元にはマウスとキーボードとゲームコントローラがあるのであって、タッチパッドで操作しているプロゲーマーは見たことがありません。

上級者仕様のマウスには左クリックと右クリック以外にも側面に複数のボタンがついており、このボタンを利用すると素早く入力できます。

そう考えると、もしマウスが使える環境なのであればマウスを利用したほうが作業の効率は高いといえます。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-