コスパの高いPCがほしい

PC選び

自作PCとは?【知識がある人にはメリットのほうが大きい】

今あなたがパソコンを欲している場合「どのメーカーのパソコンにしようかな」という感じでパソコンメーカーを適当に検索したり、実店舗を見て回るでしょう。

しかし、パソコンは自作という手もあります。

またメーカー製パソコンにはカタログモデルとBTOという2パターンがあります。

多くの人にとって自作PCは難しいとしても、それぞれのメリットとデメリットを知っておくと、よいパソコンを選ぶ際に役立ちますよ。

自作PCのメリット

  • ハイスペックほど安上がりになる
  • パーツごとに自分の好きなメーカー品を組み込める
  • ケースを塗装しやすい
  • 世界で唯一の個性的なパソコンをつくりだせる
  • つくる楽しみがある
  • メンテナンスがしやすい
  • 組み立てに必要な工具は基本的にプラスドライバーだけ
  • パーツや組み立て方についていろいろ調査するためパソコンに詳しくなる

自作PCとは?【知識がある人にはメリットのほうが大きい】

まず、それぞれの言葉の定義をハッキリさせておきます。

  • 自作PC自分でPCパーツを買い集めて組み立てること(ユーザーの選択自由度:大)
  • BTO受注生産としてのパソコン(ユーザーの選択自由度:中)
  • カタログモデルメーカーのカタログに載っているパソコン(ユーザーの選択自由度:小)

そもそも各パソコンメーカーはパソコンの完成状態を設計し、その設計にもとづき部品メーカーから部品を買い集めて、それを自社工場で組み立てて検査・出荷します。

つまり、パソコンメーカーはパソコンをイチからつくり出しているわけではないのです。

そのため、とくに高価な工具をもっていない個人であっても部品さえ買い集めればパソコンを組み立てることはできます。これが自作PCです。

ノートパソコンはデスクトップよりも部品が小さくて密集しているうえに、パーツが個別単位では手に入りにくいです。

そのため部品調達や組み立ての難易度が上がります。

自作PCはデスクトップのほうが圧倒的にやりやすいです。

自作PCは世界で唯一のパソコンがつくれる

自作PCが欲しい場合、PCケース(筐体)、電源、マザーボードなどあらゆるパーツをユーザーが選んでいくことになります。OSも自分でインストールします。

今の時代ならパーツごとに通販購入もしやすいです。

自作PCはパーツ収集が難しいのですが、インターネットを通じて知った人のパーツ構成をマネするという手もあります。

あちこちのショップから注文したパーツの山が届くと、やる気が出てきますよ。

それぞれのパーツは実に多様ですから、それらを組み合わせてできたパソコンはあなただけのオリジナル(世界で1つだけのパソコン)といってもいいでしょう。

メーカー製のパソコンは主要パーツはどの部品メーカーかわかりやすいが、マイナーなパーツはメーカーがわかりにくい。
自作PCならすべてのパーツを吟味できるよな。
手元にある既製パソコンのうち使える部品を流用して自作PCをつくるのもいいよ。

発光するゲーミングパソコン

自作PCではPCケース自体の外観色やPCケース内で発光する色でさえも自分で調整できますよ。

BTOやメーカー製のパソコンを再塗装するには自分で分解する必要があって面倒ですが(=保証対象外)、自作PCなら最初はすべてバラバラですから塗装しやすいです。

光る色も選択肢は多いよ。
自作PCは自動車のチューンナップが好きな人に向いている感じかな。

BTOやカタログモデルは選択自由度が少なくなる

次にBTO(受注生産)だと、CPU、メモリ、ストレージ、光学ドライブの有無などをユーザーが選びます。

つまり、BTOのほうが選択肢の数は減るわけ。メーカー製カタログモデルだともっと選択肢の数は少ないです。

BTOのパソコンを注文する際にはそれぞれのパーツについてちょっとした知識が必要ですが、自作PCほど深い知識は必要ではありません。

メーカー製カタログモデルというのは、家電量販店に売っているカスタマイズがほとんどできないパソコンと考えてください。

カスタマイズがほとんどできないばかりか、逆に余計なプリインストールを押し付けられているカタログモデルも多いです。

余計なプリインストールがあると価格が上乗せされるうえにパソコンの動作も遅くなります。

パソコンメーカーは、BTOに力を入れるタイプと、カタログモデルに力を入れるタイプとがあります。

そして両方を行っているパソコンメーカーもあるなど、その境目は不明瞭なところもあります。

BTOメーカーでも即納モデルはあるからな。

自作PCのメリットは安上がりになること

自作PCをつくる過程ではたとえばCPUはかなり劣化しにくいパーツですから、中古品を買うのもありでしょう。

パーツごとに自分の好きなメーカーを選べるのは楽しいんです。

それにハイスペックのパソコンほどBTOやカタログモデルよりも安上がりになりやすいです。

ハイスペックのパソコンじゃないとわざわざ自作するだけのモチベーションが湧きにくいんじゃないかな。

BTOやカタログモデルが自作PCよりも価格が高くなりやすいのは、設計、組み立て、保証、サポート、宣伝、プリインストールなどに費用がかかっているから。

さらにAppleのMacやMicrosoftのSurfaceなんかはメーカーとして高いブランド感があるため、価格も高くなりやすいところ。

自作PCはそういった費用やブランド感が省かれるため安上がりなのです。

自作PCのデメリット

次はデメリットについて。

  • 情報収集やパーツ収集に時間がかかる
  • 組み立てを間違うとかえって出費は大きくなる
  • パソコンについてかなりの凝り性になってしまう(メリットかも?)
  • パーツの相性が難しい
  • 保証がかなり弱い
  • 悪い部分の特定が難しい

自作PCは好きなパーツを自由に組み込めるのがメリットだと述べましたが、それは規格を満たした場合のこと。

たとえば、PCケースのサイズが小さめなのに大型のマザーボードやグラフィックボードを搭載することはできません。

CPUとマザーボードの規格を合わせることも大事。CPUやグラボのスペックの割に電源容量が足りないのも大問題です。

要するに自作PCは規格に注意しなければならないのです。

でも自作PCを組んだ経験のある人であっても、1年に何台も組み立てる人はほとんどいません。

そうやって自作PCの年季があくと、パソコン業界はトレンドが変わったり新しい規格が登場するために過去の経験を更新する必要もあります。

つまり、自作PCは完成品としてのパソコンを買うよりも知識が必要ですし、その収集には時間がかかるのです。

あるいは、もし組立や配線が間違っていないとしても部品自体に初期不良が生じていると、その特定には時間がかかります。

自作PCはそういうトラブルも含めて楽しめるくらいでないと向かないといえます。

BTOは客からの注文を受けてからパソコンの組み立てに入りますから、時期によっては自宅に届くまでに時間がかかります。

それでも自作初心者がPCを組み上げるまでの時間よりは短いですが。

パーツの組み立ては簡単だが失敗するとヤバい

マザーボード

自作PCの組み立てそのものは簡単ですが、電子パーツは組み合わせを誤るとショートするなどすぐに故障してしまうこともあります。

パーツは故障どころか再起不能になってしまうこともあります。これではかえって出費は高くつきます。

あるいは正しく組み立てられたと思ったのにいざ電源を入れてみると起動しない、起動できたものの動作がおかしいなんてこともあります。

この場合、自分自身で試行錯誤しながら解決するのが基本です。

まあ今の時代はネット上の情報も充実していますから、昔よりは組み立てやすくはなっています。

保証が弱い

高価なパーツだとパーツごとの保証が少しありますが、基本的には自己責任の度合いが大きいです。

PCパーツにはリテール品(正規品)とバルク品があります。リテール品はきちんとした包装でマニュアルや保証書もついています。

一方のバルク品は包装が簡易的で保証がありません。バルク品はそれだけ値段が安いのです。

そのうえ自作PCはパーツ同士の相性を考えながらパーツを買い集める必要があります。

そしてパソコンを組み立てるのにも時間がかかるのだとすれば、コストパフォーマンスはいいとはいえなくなります。

BTOやカタログモデルのメリット

一方、BTOにしてもカタログモデルにしてもパソコンメーカーが組み立てた新品パソコンであれば、一定範囲の保証とサポートがついてきます。

パーツの相性なんかを考えなくても完成品が手に入るのは実に楽です。

管理人のおすすめはBTOや余計なのが少ないメーカー製

自作PCは安上がりといっても時間がかかることや労力を考えると、知識がある人以外は割に合わないと考えています。

かといってカタログモデルは余計なプリインストールが多くて価格が高いうえに動作も遅いためおすすめできません。

したがって、BTOがコスパがいいと考えています。

具体的には、レノボ、DELL、HP、マウスコンピューターをおすすめしています。

BTOのパソコンを買ってから、それを自分なりにカスタマイズするという方法もありますよ。

これだと改造になってしまうためメーカー保証の対象外になってしまいますが、自作PCよりはやりやすいです。

まずはパーツの交換や増設から始めてみましょう。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-