コスパの高いPCがほしい

PC選び

パソコンの納期【遅いパターンが判明】

パソコンはいざ注文したら「早く自宅に届いてほしいな、動かしたいな」と胸が躍るもの。

しかし、パソコンは実店舗のお持ち帰りモデル以外は一定の納期がかかります。

これはどんなメーカーでも中古ショップでもあります。

そこでこの記事ではパソコンの納期の比較と注意点を示します。

家電量販店でも取り寄せモデルの納期はかなり時間がかかる場合があるよ。

パソコンメーカー各社の納期と注意点【遅いパターンと早いパターン】

各メーカーの納期に共通した注意点

  • パソコン本体の納期は遅い場合でも、同じメーカーでプリンターやキーボードだけを注文するなら納期は早い場合がある
  • 即納モデルであっても、四国、九州、北海道、離島部などは本州よりも納期が少し遅くなりがち
  • 金融機関への振込は平日15時あたりが確認の期限になりやすい(それ以降の入金は翌営業日扱いになりやすい)
  • 納期の日付の起算は平日(営業日)からである場合が多い
  • カスタマイズやオプションの内容によっては納期が遅れる
  • パソコン本体を注文に含んでいるときの送料は基本的に無料(送料は実質的には本体価格に含まれている)
  • 交通状況や天候によっては遅れる場合がある
  • 繁忙期(とくに3~4月やゴールデンウイーク、年末年始)の受注生産は納期が長くなりやすい
  • メーカーによってはオンラインで出荷予定や配達状況を追跡できる

上記は大まかな傾向であって一部のメーカーはそこから外れている場合もあります。

パソコンは外資系メーカーが日本国内の工場や倉庫から出荷する場合もあれば、日本企業が海外拠点から出荷する場合もあります。

外資にしても国産にしても日本国内の倉庫に在庫があってカスタマイズしない場合は基本的に納期が早いです。

メーカーによって異なる納期の早さの序列

  1. 日本国内の倉庫にすでに完成品在庫がある
  2. メーカーが日本国内に生産拠点をもっており、自分が注文した製品はその日本工場で受注生産される
  3. 自分が注文した製品は海外で受注生産される

要するにDELLみたいに海外での受注生産が主体のメーカーは、日本国内の倉庫に即納モデルがない限り納期は遅くなりがち。

レノボやHPはいろんなところで生産しているため、なんともいえません。

パソコンの組み立て工場で最も多いのは中国本土。

中国本土は日本よりは平均賃金が安いものの、政情不安や都市封鎖などによって納期が遅れる場合があります。

充電池を含んだ製品は個人レベルなら飛行機で持ち運べるけど、業務用レベルの大量輸送は船便じゃないと規制に引っかかる。
やはり船便は遅いよな。

即納モデルと、受注生産・海外からの取り寄せとでは納期が違う

  • A納期=日本国内の倉庫に在庫がある場合の納期(即納モデル)
  • B納期=日本国内の倉庫に在庫がない場合の納期(受注生産や海外工場からの取り寄せ)

ここでA納期とはメーカー公式サイトに記されている即納モデルの納期とお考えください。

即納モデルはカスタマイズが限定的、あるいはカスタマイズできない場合が多いよ

B納期はメーカー公式サイトに記されている内容と、ネット上のみなさんの体験談を探ったうえでの日数であり、管理人なりの推測も多少含んでいます。

B納期は日数に大きな幅があることはほぼ共通しています。

日本向け工場 A納期 B納期の目安
Lenovo 中国・山形 最短で翌営業日発送 4営業日~4週間
DELL 中国 最短で翌営業日発送 5営業日~5週間
マウスコンピューター 長野 最短で翌営業日発送 4営業日~1週間
HP 中国・東京 最短で5営業日 1週間~8週間
ASUS 中国 最短で翌営業日発送 5営業日~2週間
NEC 山形 最短で翌営業日発送 4営業日~10営業日
富士通 島根・福島 最短で当日発送 5営業日~4週間
Apple 中国 最短で翌営業日発送 1週間~8週間
Microsoft 中国 1週間ほどで届く 1週間~8週間
DynaBook 中国 最短で当日発送 2週間
Panasonic 兵庫 最短で当日出荷 2週間
VAIO 長野 最短で当日出荷 1週間~3週間

パソコンの生産は多国籍化しているため、メーカーによっては上記の工場以外でつくられたパソコンが届く場合もあるかもしれません。

カートに入れるボタンの近くに納期表示

カートに入れるボタンの近くに納期表示

A納期でもB納期でも通販パソコンの納期目安は「カートに入れるボタン付近」や注文の最終確定前に表示されるはずなので確認しておきましょう。

中古パソコンの平均的な納期

一般に中古ショップは法人から法人モデルのパソコンを大量に買い取って個人に売るというパターンを得意としています。

個人が法人モデルのパソコンを使うのは問題ありません。法人モデルのパソコンはデザインが地味だったり、新品時の保証期間は個人モデルとは違う場合があるというだけのこと。

中古ショップはパソコンを受注生産しないため納期が短そうに見えます。

しかし、中古ショップは買い取ったパソコンについてデータ消去、クリーニング、オプション装備、検査といった作業を行います。

中古ショップの納期は最短で当日出荷ですが、そういった整備のために4営業日くらい時間がかかる場合があります。

中古ショップの納期もそれぞれの商品ごとに納期の目安が示されるはずなので確認しましょう。

2022年も半導体不足が懸念される

さて、パソコンをはじめとした電気機器には半導体が多く使われています。

こういった半導体をつくるために必要な素材は中国、ロシア、ウクライナといった危ない大陸諸国で産出量が多いのです。

で、2022年においてはロシアとウクライナの間で大きな政情不安が起きているため、半導体不足に拍車がかかるとも予想されています。

パソコンメーカーとして世界大手であるHPは、グラフィックボード搭載機種の一部については取り扱いを控えています。

これは2022年前半では解消されにくい見通しです。

パソコンの納期や価格には引き続きお気をつけください。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-,