コスパの高いPCがほしい

PC選び

ノートパソコンに光学ドライブは必要か?デメリットも解説

ノートパソコンの光学ドライブ

今回はノートパソコンに光学ドライブは必要なのか、そして光学ドライブのメリットとデメリットを解説します。

光学ドライブとはCDやDVD、Blu-rayディスクなどを入れて読み込む装置のこと。

デスクトップ派の人にも結構通じる話ですよ。

ノートパソコンに光学ドライブは必要か?【メリットとデメリット】

まずはメリットについて。

光学ドライブのメリット:その1

  • Microsoft Officeをダウンロードできる最初から入っている、あるいはダウンロード販売で済む
  • OSやプリンターのドライバーをインストールできる公式サイトで受け取れるようになった
  • DVDを見ることができるVOD(NetflixやU-NEXT)で見られるようになった
  • CDで音楽を聴けるSpotifyやYouTubeがある
  • PCゲームができるダウンロード販売やオンラインゲームがある
  • ディスク類にデータを保存できるオンラインストレージがある
  • 英会話CDが再生できるオンライン英会話がある

上の箇条書きのうち矢印の左側が光学ドライブを使えることによるメリットです。

しかし、現代では矢印の右側のようなオンラインサービスを利用すると光学ドライブは必要なくなってしまいました。

他にもウォークマンやスマートフォンの進化もディスク類の減少に貢献しました。

ディスク類を減らすと部屋も片付きますから、ありがたい進化だといえます。

ノートパソコンに光学ドライブがついていない場合が多くなったのは、オンラインサービスの進化が主因。
光学ドライブがなくなったことでノートパソコンの小型化や軽量化につながったわけか。

※ディスク類のサイズは直径12cmという規格に定まっているため、光学ドライブをさらに小型化させるのは無理があります。

※光学ドライブを搭載しているノートパソコンの厚さは約2.3cm、光学ドライブを搭載していない機種の厚さは約1.7cm。搭載機種のほうがどうしても厚くなってしまいます。

現実的なメリット

光学ドライブのメリット:その2

  • 英単語や古文単語の本に付属しているCDが再生できる
  • ディスク式の古いPCゲームができる
  • ブルーレイディスクでもって自社のプロモーションムービーをプレゼンできる
  • DVDやCDのデータをパソコンに取り込める
  • パソコン内のデータをディスクに焼ける

現代におけるオンラインサービスの進化を考慮してもなお使える光学ドライブのメリット(機能)は上のような感じになります。

たとえばディスク式の古いPCゲームをやるには他に策がありません。

古いPCゲームはWindowsが対応していれば設定次第では動きます(動かないゲームもある)。

必ずしもパソコンに内蔵させる必要はありませんが、家庭に1台はディスク類を再生する装置があったほうが便利です。

とくにパソコンの光学ドライブだとディスクを再生するだけでなく、データを取り込んでから編集したり新たにディスクに焼ける点が便利です。

スマートフォンやiPodのような携帯音楽プレーヤーにCD音楽を入れるには、まずパソコンにCDを読み込ませてから携帯音楽プレーヤーに転送することが基本。

全体的に光学ドライブはインターネット環境がないところでもディスク類を再生できるところが大きなメリットだといえます。

逆にインターネット環境があるところばかりで使う人にとっては無用感が高まるな。

光学ドライブにはいくつか種類がある

なお光学ドライブは大別すると以下の3パターンがありますから、もし光学ドライブを買う場合はご注意を。

光学ドライブの大まかな種類

  • DVDコンボドライブCDについては読み込みと書き込み、DVDについては読み込みだけができるドライブ
  • DVDマルチドライブCDとDVDについて読み込みと書き込みができるドライブ
  • ブルーレイドライブCDとDVDとブルーレイについて読み込みと書き込みができるドライブ

たとえば、サークルがつくった動画をDVDに焼いて他のメンバーに配るなんてことはよくあります。

ただし、これもオンラインストレージで共有すればわざわざDVDを経由させる必要はありません。

思い出の動画、大切な作品は形あるディスクとして残しておきたい人は結構いるよね。
ブルーレイだと保存するデータの画質も容量も格段に上がります。

内蔵型光学ドライブのデメリット

次は光学ドライブを内蔵させることによるデメリットについて。

  • 光学ドライブを内蔵しているノートパソコンは少ないため、ノートパソコンの購入時は選択肢が少ない
  • 同じメーカーの同スペックの場合、光学ドライブを内蔵している機種のほうが値段は少し高い
  • 動作中の光学ドライブは熱を発する(熱はバッテリーやマザーボードを劣化させる)
  • ノートパソコンの厚さと重さが少し増える
  • 内蔵の光学ドライブが故障して修理に出すと本体も道連れ

光学ドライブやHDD(ハードディスクドライブ)は内部で円盤が回転する仕組みになっています。

こういった回転系の装置は使えば使うほど壊れやすいです。

内蔵型と外付けに共通のデメリット:振動や動作音がある

内蔵型の光学ドライブが故障して修理に出すとノートパソコンはまるごと道連れになりますし、手数料込みで2万円前後はかかります。

しかし、外付けの光学ドライブなら安くて3000円前後、ブルーレイディスク対応なら7000円~という価格なのでかなり割安感があります。

これならもし壊れたとしても交換しやすいです。

外付けの光学ドライブはUSBポートに差し込むだけで使えるよ。

よほど内蔵型にこだわりのある人以外は、外付け光学ドライブのほうがおすすめ。

なお光学ドライブは内蔵型にしても外付けにしても振動や動作音がするという共通のデメリットがあります。

光学ドライブに振動や動作音が起きるのはどうしようもないです。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-