PCガジェット

リフレッシュレートとは?【ゲームをやる人には重要】

リフレッシュレートとはモニターが1秒間に画面を何回更新して表示できるかを意味します。PCでもスマホでもタブレットでも意味は同じ

リフレッシュレートの単位はHz(ヘルツ)。

60Hzだったら1秒間に60回、240Hzなら1秒間に240回更新します。リフレッシュレートが高いほど価格も上がります。

リフレッシュレートとは?【ゲームをやる人には重要】

リフレッシュレートはパラパラ漫画を想像するとわかりやすいです。

たとえば1秒間に絵が5枚切り替わるパラパラ漫画と、1秒間に絵が10枚切り替わるパラパラ漫画のどちらが滑らかに見えるといえば後者。

リフレッシュレート

モニターのリフレッシュレートもこれと同じでHzが大きいほど滑らかに見えます。

リフレッシュレートは激しい動きを伴うゲームをやる人にとってはかなり重要で、そうではない人は無視しても大丈夫。

動画を4K画質で見たい人も、ゲームをしない限りはリフレッシュレートを気にする必要はありません。

ゲーマー向け:リフレッシュレートの目安

具体的にゲーマーは120~165Hzを目安にします。一部にはリフレッシュレート240Hzなんていうモニターもありますが、165Hzと240Hzの違いを人間の肉眼で見分けるのは難しいです。

FPS、TPS、格闘といったゲームではリフレッシュレートは重要。
ゲームはゲームでも将棋ゲームみたいな激しい動きが出ないゲームなら高いリフレッシュレートはいらない。

ゲームに対応していないPCモニターやスマホだとリフレッシュレートは60Hzくらいが普通。

まあ60Hzでもできるゲームはありますけどね。

分離型デスクトップの場合は本体のスペックも重要

デスクトップはモニターと本体に分離しています。

もしリフレッシュレートが高いモニターを使っていても、デスクトップ本体側(とくにグラフィックボード)の描画能力が欠けていると高いリフレッシュレートは実現しないことにご注意ください。

グラフィックスによる1秒間に処理できるフレーム数(画面数)をフレームレートといいます。

つまり、リフレッシュレートはモニターとしての出力、フレームレートはCPUやグラフィックスの処理能力だとお考えください。

最新・期間限定セール

HPの週末限定セール【標準~ゲーミングまでコスパ最強】 icon

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.6万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約9.8万円|Ryzen5,メモリ16GB,SSD512GB

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PCガジェット
-