PC選び

モバイルモニターはいらない?【デメリットも解説】

モバイルモニター15.6インチ

左側は15.6インチのモバイルモニター、右側は14インチMacBook

モバイルモニターとはよく持ち運んで使うことを前提とした設計になっているPCモニターのこと。

上記はどちらも私の所有物であり、デュアルディスプレイとして動作させています。

デュアルディスプレイ(デュアルモニター)とは本体1台でモニターを2台分、動作させること。

モバイルモニターのメリット

  • サイズは小さいうえに厚さは薄いので持ち運びやすい
  • 机の上に置いて使う際も場所をとらない
  • 出先でもデュアルモニターができる

モバイルモニターのデメリット

  • モバイルモニターのサイズは14~18インチとデスクトップモニターより小さい(コンパクトで持ち運びやすいともいえる)
  • モニターアームをつけられない構造が多い(VESA規格ではない製品が多いが例外もある)
  • 内蔵スピーカーの音質は高くない
  • モバイルモニター単体で角度調節はできるが、高さ調節はできない
  • ディスプレイポートはない場合が多いなど端子の数が少なめ
  • HDMI端子はミニ規格だったりする
  • モバイルモニターの電源をノートPCに頼ると、それだけノートPCの消費電力は大きくなる
  • リフレッシュレートの選択肢は60Hz、120~144Hzとハイスペックをもとめるゲーマーには少し物足りない

モバイルモニターを買うのがおすすめな人

  • 出先でもデュアルモニターがやりたい人
  • モニターを持ち運ぶ頻度が高い人
  • モニターにコンパクトさをもとめる人
  • サブモニターの1台として買う人

モバイルモニターがいらない人【メリットも解説】

スマホとタブレットとパソコンのサイズ比較

スマホとタブレットとパソコンのサイズ比較

デスクトップモニター

24インチデスクトップモニター

デスクトップモニターのサイズは20〜27インチが主流。

これに対してモバイルモニターのサイズは基本的に14〜18.5インチ。これはノートPCの主流サイズと同じ~少し大きいくらいです。

モバイルモニターは薄くて持ち運びやすい

デスクトップモニターとモバイルモニター

上側は20インチのデスクトップモニターの厚さ、下側は15.6インチのモバイルモニターの厚さ(厚さがかなり違うのはモニターアームのためでもある

しかもモバイルモニターは「モバイル」だけあって、厚さもデスクトップモニターより薄いですから、使わないときや持ち運ぶときはコンパクトに折りたためます。

モバイルモニターの重さ

折りたたんだモバイルモニター

モバイルモニターの重さは15.6インチサイズで600グラムが目安(バッテリー内蔵機種だともっと重い)。

デスクトップモニターは20インチでスタンド部分込みで2.5~3kgくらいですから、モバイルモニターはかなり軽いといえます。

モバイルモニターはモニターアームに非対応

モニターアーム

モニターアーム

デスクトップモニターのVESA規格

デスクトップモニター背面のVESA規格(ネジ穴がある分だけモニターには厚みがある)

モバイルモニターの裏面

モバイルモニター背面

モニターをモニターアームに取り付けるにはモニター背面にVESA規格という4つのネジ穴が必要です。

モニターアームはかなりの薄型構造であるため、4つのネジ穴はない場合が多いです(例外あり)。

さらにモバイルモニターは薄型構造である以上、モニター内蔵スピーカーの音質もよいとはいえません。

モバイルモニター単体では高さ調節はできない

モバイルモニター

モバイルモニターは、製品単体で使うとすれば、45~85度くらいにわたって角度調節はできますが高さ調節はできません。

モバイルモニターのケース(多い)には磁石が仕込まれており、それとともに角度を変えられます。

モバイルモニターは縦置きにできる製品もありますが、横置きのときよりも不安定になりやすいですからご注意を。

モバイルモニターのケーブル

モバイルモニター一式

USB Type-Aの端子とケーブル

USB Type-Cの端子とケーブル

HDMI端子とケーブル

モバイルモニターのケーブルの役割(例外あり)

  • ほかの端末から電力をもらうケーブル矢印USB Type-C、USB Type-A
  • 映像伝送ケーブル矢印HDMI(ミニHDMI)、USB Type-C
  • コンセントから電力をもらうケーブル矢印電源ケーブル

ほかにヘッドホン端子があったりしますが、ディプレイポートがついている機種は少ないです。

ノートPCの側にUSB Type-C端子があれば、それだけでHDMIや電源ケーブルは使わずにモバイルモニターを使える機種は結構あります。

ただし、この場合はノートPCの消費電力が早まりますのでご注意を。

リフレッシュレートはデスクトップほどの選択肢がない

リフレッシュレート

リフレッシュレートとはモニターが1秒間に画面を何回更新して表示できるかを意味します。

これはPCで3Dゲームをやる人にとっては重要ですが、そうではない人は無視しても大丈夫な項目です。

具体的にゲーマーはリフレッシュレートについて120~240Hzを選ぶべきなのですが、165Hz以上のモバイルモニターはほとんど見つかりません。

デスクトップモニターと価格を比較

  • 15.6インチのモバイルモニター、IPSパネル、フルHD、60Hz、非タッチパネル式のAmazon価格矢印1~1.4万円
  • 24インチのデスクトップモニター、IPSパネル、フルHD、60Hz、非タッチパネル式のAmazon価格矢印1.2~1.6万円

サイズあたりの価格を比較すると、正直言ってデスクトップモニターのほうがお買い得。

しかし、モバイルモニターは薄くて持ち運びやすいという特性がありますから、この特性を生かせる人ほどモバイルモニターを買う価値があります。

18インチ級のモバイルモニターは2万円ちょっとするのでコスパが高いモバイルモニターは15.6インチくらいです。

世界大手HPのセール(デスクトップもあり)

HPの25周年記念セールicon

レノボとmouseの最新セール対象PC

【標準スペック】Ryzen5,メモリ8GB,SSD512GB,IPS液晶│レノボ14インチノートが約6.3万円

【標準スペック】【安心の3年保証】インテルN100,メモリ16GB,SSD256GB│マウスコンピューターの14インチノートが約8万円~(国産)

PCスペックの基準

ゲーマーやクリエイターにはグラボ搭載機がおすすめ

コスパの高いPC【当サイト記事、最新情報反映】

スポンサーリンク

カテゴリー

ノートPCの選び方とスペック表の見方【トップページ】

スマホカテゴリにはPC選びに参考になる記事が、PC選びカテゴリにはスマホ選びになる記事あり。

-PC選び
-