PC選び

ノートパソコンの厚さ|留意すべきことがある

現代のノートパソコンは基本的に薄型が好まれます。

そこで今回はノートパソコンの厚さについて解説します。

薄いノートパソコンはかっこいいのですが、デメリットもありますから注意しましょう。

ノートパソコンの厚さ【薄いとカッコいいけど留意すべきことがある】

DELLのXPS

DELLのXPSの厚さは約15.8 mm

まずは以下の人気機種の厚さをご覧ください。矢印の右側が厚さです。

  • AppleのMacBook Air(13.3インチ)矢印16.1mm
  • LenovoのThinkPad(13.3インチ)矢印19.8mm
  • MicrosoftのSurface Laptop4(13.5 インチ)矢印14.5mm
  • PanasonicのLet'snote(14.0インチ)矢印24.5mm
  • DELLのInspiron(14.0インチ)矢印17.02 mm
  • NECのLAVIE Direct N15(15.6インチ)矢印22.7mm
  • AppleのMacBook Pro(16インチ)矢印16.8mm

以上の機種の中ではPanasonicのLet'snoteとNECのLAVIE Direct N15は光学ドライブを搭載したバージョンの厚さです。

ほかの機種は光学ドライブを搭載していないバージョンとして示しています。

要するに光学ドライブを搭載した機種の厚さは約2.3cm、光学ドライブを搭載していない機種の厚さは約1.7cmが平均・目安になるわけ。

やはり光学ドライブを搭載すると厚くなることは避けられません。

液晶サイズの大きさと本体の厚さはほぼ比例していないことがわかる。
MicrosoftのSurface Laptop4はとくに薄いな。

ゲーミングノートの厚さ

ゲーミングノートの厚さ

ゲーミングノート(Legion750i)の厚さ

  • レノボのLegion 750i矢印19.9mm
  • DELLのALIENWARE X15矢印16.3mm
  • マウスコンピューターのG-Tune E7矢印25.4mm

次に以上2機種はゲーミングノートといって高性能なノートパソコンです。

パソコンは高性能であるほど大きな熱が発生しますから、高性能なパソコンは排熱のために冷却ファンを大きくしたり部品同士の間隔をあけます。

にもかかわらずDELLのALIENWARE X15はゲーミングノートとしては驚異的な薄さを実現しています。

HDDとSSDと光学ドライブの厚さ

ノートパソコンの主要部品の中でもHDDは7mm、9.5mm、15mmという厚さがあり、このうち主流派9.5mmです。

SSDの厚さは7mmあるいは9.5mmとなっています。

さらに光学ドライブ単体の厚さは9.5mmあるいは12.7mmです。

薄いノートパソコンはかっこいい

ウルトラブック

ウルトラブック

さて、一般にノートパソコンは以下の条件を満たすほどかっこよく見えます。

  • 本体の厚さが薄い
  • ベゼル(モニターの額縁部分)が狭い
  • 液晶解像度が高い
  • 液晶がグレア(光沢処理)
  • ロゴが高級ブランド

ただし、本体が薄い割にCPUの性能が高いノートパソコンは排熱性に問題があって寿命が短くなったりします。

実際、Twitterで「MacBook、膨張」「Surface、膨張」などと検索すると膨張したバッテリーの様子が多数わかります。

もしMacBookがもっと厚かったら、そういう膨張は少なかったはずです。

iPad(タブレット)の下位モデルのように性能が高くなかったら薄くてもほとんど問題ないんですけどね。

ウルトラブックのメリットとデメリット

ノートパソコンの中でもとくに薄い機種はウルトラブックと呼ばれます。

具体的な基準はありませんが、厚さ14.5mmのSurface Laptop4はウルトラブックの範囲に入ると考えています。

  • ウルトラブックのメリット矢印薄い、軽い、かっこいい
  • ウルトラブックのデメリット矢印キーストロークが浅い、端子が少ない(USB Type-Aがない場合あり)、排熱が弱くて寿命が短い、修理や分解が難しい

ノートパソコンは薄いと軽いですしカッコよく見えるもの。

しかし、薄いことによるデメリットも結構あります。そのため、薄さばかりに依存したカッコよさにとらわれすぎるのも考えものです。

パソコンを買うときは見てくれだけでなく機能や排熱も考えましょう。

排熱が悪いノートパソコンについて長時間の連続駆動はやめよう。
排熱が悪いなら適度に休ませたほうがいいかもね。とくに夏は。

PCの最新・期間限定セール

【標準スペック】Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶│レノボ14インチノートが約6.5万円

【標準より少し上】Core i5,メモリ32GB,SSD1TB,GeForce GTX1650│マウスコンピューター15.6インチノートが約14万円

【ゲーミングノート,ハイスペック】Ryzen5,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce RTX3050 Laptop,IPSパネル,リフレッシュレート165Hz│レノボ16インチノートが約12.7万円

コスパの高いPC【当サイト記事、最新事情反映】

PCスペックの選び方:総合編

失敗しないPC選び記事のすべて【トップページ】 PCを始めるのに最低限必要なモノ PCでできること PC購入チャート診断

各パソコンメーカーの特徴 Macの特徴 国産と海外産の違い(国産PCの中身は海外製) PCとスマホの違い(PCのメリットと必要性) 中古PCの注意点

動作速度や保存容量を左右する要素

CPU,メモリ,ストレージはセットでわかる(ユーザー別の目安) インテルとAMDの違い グラフィックス(グラボ)

デスクトップ本体

いろいろな形状や外観

デスクトップとノートはどっちがいい? 形状(種類)がわかる 2in1パソコン(タブレットにも変形) 色の奥深さ

ディスプレイ関連

画面サイズの見方とおすすめ モニターのパネルや諸機能 ベゼル グレアorノングレア リフレッシュレートとフレームレート

ベゼルとタッチパッド

入力や出力

端子・インターフェース 光学ドライブの有無 指紋認証や顔認証

ノートパソコン特有の意味を解説

タッチパッドとは 内蔵式バッテリーの交換費と着脱式 ノーパソキーボードの注意点 厚さ・薄いがゆえの欠点 材質の特徴 

ソフト類

OSの意味(Windows,mac,Chrome) Officeソフトはいらない? セキュリティソフトはいらない?

物理仕様の知識

耐久性の諸事情 重さの目安

PCの買い方

買うのに適した時期 納期の目安 PC価格の相場 家電量販店は高いんじゃ メーカー直販サイト

おすすめしないパソコン 購入時のオプション 保証の基本

人によって違うPCの選び方

-PC選び
-,