コスパの高いPCがほしい

PC選び

2in1パソコンとは?【デメリットも解説】

2in1PC(ツーインワンピーシー)とは、ノートパソコンを基本形としながらもタブレットにも変形できる端末のこと。

2in1pcのタブレットとテントモードとスタンドモード

いうなれば2in1パソコンはノートパソコンとタブレットという1台2役を兼ねているため、コスパがいいように見えるのです。

しかし、2in1パソコンにはデメリットもあります。

そこで今回は2in1パソコンのコスパとメリットとデメリットについて解説します。

2in1パソコンとは?【メリットも解説】

一口に2in1パソコンといってもいくつか種類がありますが、まずはどんな2in1パソコンにも共通したメリットとデメリットを見てきましょう。

2in1パソコンに共通したメリット

  • ノートパソコンにもタブレットにもなる
  • 持ち運びやすい
  • 寝転びならでも使える
  • キーボードはもちろんタッチパネルやペンでも操作できる
  • モニターおよびタブレットは縦画面でも使える

ベッデで寝ながらタブレットを見る

ノートパソコンを寝転びながら使おうとすると、キーボードが邪魔になります。

しかしタブレット、あるいはタブレット化した2in1パソコンであれば寝転びながら使えます。

基本的にタブレットはお絵描きや動画視聴など文字入力の少ない動作、そしてノートパソコンは文字入力の多い動作に向いています。

1台で2役になるのはとても便利だといえます。

タブレットばかりを使う人は最初からiPadのようなタブレットを買うほうがいいかも。
2in1パソコンは1台2役で使わないと意味がないわな。

2in1パソコンに共通したデメリット

  • 同サイズ同スペックのノートパソコンよりは少し値段が高い
  • 故障しやすい
  • キーストロークが浅い
  • ハイスペック機は少ない
  • 分離型デスクトップのようにキーボードとモニターの距離を離すことができる

2in1パソコンはキーボードによる操作だけでなく、指やペンによって液晶に直接タッチすることでも操作できます。これをタッチパネルといいます。

2inパソコンはタブレットに変形できますから、まあタッチパネル対応なのは当たり前ですね。

多くのノートパソコンはタッチパネル対応になっておらずキーボードやタッチパッドで操作しますが、2in1パソコンはタッチパネル対応になっている分だけ値段が高くなるのです。

具体的にはDELLの場合、普通のノートパソコンだと約7万円だった価格が、同じスペックを2in1パソコンにすると10万円くらいにはなってしまいます。

もしタブレットモードばかりを使うのなら最初からタブレットを買うほうがいいもんな。
スマホに慣れた人はキーボードよりもタッチパネルのほうが入門しやすいよ。
ノートパソコンの中にもタッチパネル対応の機種は少しあります。

2in1パソコンとハイスペックは両立しにくい

2in1パソコンはタブレットにも変形できるように、モニター(タブレット)部分もキーボード部分も構造が薄いです。

キーストローク

キーボードが薄いと、キーストローク(キーが沈み込む深さ)も浅くならざるを得ないため感触が悪くなりがち。

キーボードを押すとたわむ機種も一部にあります。

また、2in1パソコンは薄いところに精密部品を詰め込む構造になっていますから、冷却ファンが小さいなど排熱性が悪いです。

排熱性が悪いと故障率が高くなるうえに寿命も短めになってしまいます。

とくに発熱はCPUやグラフィックスのスペックが高いほど大きいですから、排熱が悪い2in1パソコンはハイスペックに適していません。

2in1パソコンにゲーミングモデルがほとんどないのはこのため。

ゲーミングパソコンはスペックが高いのが基本だよ。

デタッチャブルのメリット

ここで注意すべきは2in1パソコンはデタッチャブル(セパレート)とコンバーチブルという2種類あるということ。

デタッチャブルとはキーボードとモニターを分離できるタイプのこと。とくにMicrosoftのSurfaceは有名です。

このとき分離された側のモニターは完全なタブレットそのもの。タブレットとしての使い心地のよさをもとめる人はデタッチャブルを選ぶべきです。

2in1pcのたわみがないタイプ

デタッチャブルのたわみがないタイプ

2in1pcのたわみがあるタイプ

デタッチャブルのたわみがあるタイプ(モニター裏にスタンドがないと自立できない場合も多い

デタッチャブルのキーボードは普通のノートパソコンのような厚さでたわみがないタイプと、キーボードがそれよりも薄くて軽くてたわむタイプとがあります。

後者の薄くて軽いところは魅力的ですが、キーボードがたわむところは人によって好みが分かれるので注意しましょう。

デタッチャブルのメリット

  • 薄くて軽い
  • 分離されたモニターは完全なタブレットになる
  • MicrosoftのSurfaceはカッコイイ(所有しているだけで満足感がある)

デタッチャブルのデメリット

  • キーボードがたわむモデルがある
  • モニター裏についたて(スタンド)がないと、ノートパソコンとして使うときに自立できないタイプがある
  • パソコンを使うたびにスタンドを広げて角度調整するのはちょっと面倒
  • スタンドがあると膝の上で使いにくい

普通のノートパソコンはモニター裏にスタンドがなくてもモニターの角度を定めることができます。

しかし、デタッチャブルとしての2in1パソコンはモニター裏のスタンドによって調整しないと自立できない場合があります。

コンバーチブルのメリット

次はコンバーチブルについて。

2in1pcのタブレットとテントモードとスタンドモード

コンバーチブルは液晶の裏面(天板)と底面が接触するように回転することでタブレットモードにもなるという2in1パソコンのこと。

デタッチャブルはタブレット感が強いとすれば(タブレットにキーボードが付いた感じ)、コンバーチブルはノートパソコン感が強いです。

コンバーチブルは、ヒンジ(蝶番:ちょうつがい)の部分をよく見ないと普通のノートパソコンにしか見えません。

コンバーチブルのメリットは、デタッチャブルのようなスタンドを使わなくても上の画像のような4つのモードに変形できるところにあります。

  • 通常モード普通のノートパソコン、キーボードが打ちやすい
  • タブレットモード携帯に便利なモード、電車内や寝たままでも操作しやすい
  • テントモード奥行きが狭い机にも置けるモード
  • スタンドモードキーボードが後ろにまわった分だけユーザーとモニターの距離が近くなるモード

※テントモードやスタンドモードは意味がなさそうに見えますが、外付けのキーボードとともに使うとモニターとの距離が柔軟に調節できます(通常モードの場合キーボードとモニターはつながっているからユーザーとモニターの距離も近くなる)。

※画面とキーボードを水平に置いたフラットモードという使い方も一応あります。

※フラットモードやテントモードは顧客に対するプレゼンのときに役立つと感じるビジネスマンもいます。

※キーボード面を下にしたときにキーボード入力をロック(無効化)することもできます。

コンバーチブルのデメリット

コンバーチブルのデメリットはタブレットにしては重いところ。

というのもコンバーチブルはキーボードを分離できませんから、タブレットモードにしたときでも重さが変わらないのです。

たとえば有名なタブレットであるiPadの重さは約500gですが、コンバーチブルの重さは平均1kgちょっとあります。

2in1パソコンの中でも軽さをもとめるのならデタッチャブルを買いましょう。

寝転んで使うなら普通のタブレットやスマホのほうが軽量かつ小型で使いやすいという声は多い。
最近ではコンバーチブルのほうが人気がある。

2in1パソコンが向いている人

2in1パソコンはノートパソコン⇔タブレットと変形できることに意義があります。

たとえば電車内や寝床ではタブレットモード、カフェや図書館ではノートパソコンモードというように頻繁に変形させる人にこそ向いています。

もしタブレットモードばかり使うなら最初から普通のタブレットを買うほうがよいでしょう。

2in1パソコンを買う際は変形の頻度を予想してみるといいですよ。

2in1パソコンのおすすめ:HP Spectre x360:イラスト、芸術系や理系向け

ここからは2in1パソコンのおすすめ機種を2つ紹介します。

まずはHPのSpectre x360シリーズの外観について。

HP Spectre x360

HP Spectre x360

HPのSpectre x360はキーボードが分離しない2in1パソコン(コンバーチブルタイプ)です。

ヒンジ部分(ちょうつがい)は360度開きます。

HP Spectre x360

HP Spectre x360

HP Spectre x360のベゼル(液晶の額縁部分)は細く、全体的に見た目はAppleのMacBook Airに似ています。

しかもアルミボディですから、重量は約1.36kgとスペックの割に軽いほう。高級感が随所に感じられます。

17mmの薄型ボディではありますが、メーカーによる天面耐圧試験でも350kgfをクリアしています。

商品名 Spectre x360
液晶サイズ 13.5インチ
当サイトなりの分類 標準より少し上
液晶解像度 WUXGA(1920x1200)
液晶仕様 グレア(光沢処理)IPSパネル
本体色 ポセイドンブルー
アッシュブラック
グラフィック インテル Iris Xe グラフィックス
OS Windows11 Home 64 bit
CPU インテル Core i7-1165G7
メモリ 8~16GB
ストレージ SSD256GB~1TB
内蔵カメラ 約92万画素(顔認証対応)
光学ドライブ なし
バッテリー駆動時間 最大約15時間
本体重量 約1.35~1.36kg
税込価格 139800円~212600円
セール期間
その他に目立つ特徴 2in1パソコン(コンバーチブル、タブレットに変形)
タッチパネル対応(4096段階という高い筆圧感知、ペン付属)
のぞき見防止スクリーン
軽量アルミボディ
指紋センサー

HP Spectre x360についてCPU、メモリ、ストレージ、グラフィックスだけを見ると約14万円~というのは正直言ってちょっと高いです。

しかし、HP Spectre x360はタブレットへの変形、高感度のタッチパネル(ペン付属)、軽量アルミボディ、顔認証対応カメラ、指紋センサーという機能が付いています。

しかもバッテリー駆動時間は約15時間と長いです。つまり、HP Spectre x360は素晴らしい付加機能を評価すべき2in1パソコンだといえます。

なおHP Spectre x360はクリエイター向けのノートパソコンにしてはちょっと小さいです。これは作業効率にとってはちょっとマイナスですが、持ち運びやすさにとってはプラス材料。

HP Spectre x360は出先でもイラストを描きたい人、芸術系や理系の大学生(通学に便利なサイズ)などにおすすめだといえます。

大学生はタッチパネルとペンで講義をメモするのもいいよ。
HPは納期が長い場合があるから気をつけてね。

なおHP製品は下記リンクで「クーポンGET!」を選んでから、税込み7.7万円以上(法人モデル)あるいは11万円以上(個人モデル)の購入で4~5%割引のクーポン適用となります。

HP Spectre x360の廉価版:ENVY x360 15-ee

HPのSpectre x360の廉価版のような位置づけとして、同じくHPにはENVY x360 15-eeがあります。

HP ENVY x360 15-ee

HP ENVY x360 15-eeは、

  • 15.6インチの2in1パソコン(コンバーチブル、タブレットに変形)
  • CPUはRyzen5~7
  • メモリは8~16GB
  • ストレージはSSD256~512GB
  • グラフィックスは内蔵GPU
  • 重さは約2kg
  • タッチパネル、
  • ペンは別売り、4096段階の筆圧検知
  • 指紋センサー搭載

で89000円~となっています。

最新・期間限定セール

【標準スペック】レノボ14インチノートが約6.4万円|Ryzen5,メモリ8GB,SSD256GB,IPS液晶

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター14インチノートが約9万円|Core i5,メモリ16GB,SSD512GB

【標準より少し上スペック】マウスコンピューター15.6インチノートが約10.5万円|Core i7,メモリ16GB,SSD512GB,GeForce GTX1650Ti /

コスパの高い商品のまとめ【当サイト記事】

PCの選び方【一部抜粋】

-PC選び
-,